« 猫カメラマンへの道 | トップページ | プーちゃんに会いに »

2016年8月20日 (土)

【千葉うどん旅③】かまど

普段から「船橋は遠い」などと文句を言ってるくせに、もっと遠くの鎌取までやってきた。JR鎌取駅北口を出て3~4分程歩くと、大きな駐車場を完備した、いかにも街道沿いの店舗といった風情のうどん店が右手に現れる。その名も『かまど』。久徳ゼネラルフーズのうどん製麺所に直結した、自家製麺と天然だしにこだわる地元の人気店だそうだ。

Kamado1 

人気の秘密はこの価格設定にあるかもしれない。ざるうどん260円。おろしぶっかけ300円。釜玉340円と、まあとにかく安い。全国規模のうどんチェーンにも負けてない。

Menu 

もちろん安いだけでは客は入らない。私が訪れたのは土曜の午後2時半。それでも店前の駐車場には10台以上の車が停められていた。客層は作業員風のおじさんたちや、家族連れ、カップルとさまざま。私と同じお一人客の姿もある。客の多様性は繁盛している証。さっそく空いている席に着き、メニューを一瞥しただけで注文は決まった。肉うどん560円。カッコ書きで「肉吸いうどん」と書かれているのが良い。

10分ほど待って出てきたのがこちら。

Niku 

旨そうでしょ。実際、食べてみると、これが旨いんです(笑)

Kamado2 

やや平打ち気味の中太麺は、外側がふわっとした食感で、そこにこの旨味たっぷりのダシがこれでもかと絡んでくる。喉越しというよりは、ダシも含めたトータルの一杯を味わうのにもってこいの麺。しかも噛めばもっちりとした歯応えで応えてくれる。これは肉うどんに合うゾ。でも、この麺でぶっかけだとどんな味になるんだろ? あぁ、気になる。どうしよう、もう一杯頼もうか……。

しかし、この日はこのあと時間指定の約束があったのですよ。残念。お腹に余裕はあるが、時間に余裕がない。なので、ぶっかけは次回の宿題に取っておこう。でも、再訪時もこの肉うどんはハズせないな。お腹を空かせて行く必要がありそうだ。

実は、このあととある乗馬クラブでとある馬を見せてもらうことになるのだが、時間だけでなく紙幅にも余裕がなくなってしまった。なので、その話はまた明日付で。

 

***** 2016/08/20 *****

 

 

|

« 猫カメラマンへの道 | トップページ | プーちゃんに会いに »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 猫カメラマンへの道 | トップページ | プーちゃんに会いに »