« 安田伊左衛門の理念 | トップページ | 負けた相手は »

2016年5月27日 (金)

髪を切りに競馬場へ

例年、ダービーが行われる2、3日前に散髪に行くことを慣わしとしてきた。競馬の祭典に赴くにあたり身を清めるのは当然のこと。だが、切りたての髪ほどヤボなものもないので、「2、3日前」という微妙な調整期間を挟むようにしている。

幼少の当時から、私は近所の床屋さんに通っていた。夫婦二人で経営してて、店内にはAMのラジオが流れ、背後では漫画雑誌を読みながら近所の子供が順番を待っているような、そんないわゆる「町の床屋さん」である。だが、あの顔剃りとマッサージが、子供心にどうしても馴染めない。なので長じてからはいわゆるカットサロンのお世話になった。うつ伏せから仰向けへの変革である。ただ、長年通い続けた馴染みのカットサロンが15年ほど前に移転してしまってからは、千円のクイックカットで済ませることもしばしば。他人に髪を洗ってもらうあの感覚を忘れて久しい。

私が行くクイックカットの店は決まっている。ウィラ大井、川崎駅東口、南浦和駅構内、そして船橋ららぽーとの4か所。すなわち、競馬場に行ったついでに髪を切っているわけだ。競馬場に向かう途中とか、レースの合間とかに髪を切るので、とにかく早く済むことが大事。なので料金はあまり問題ではない。2千円払って5分で終わるならそっちを選ぶ。

だが、最近になって私自身が競馬場に行く機会が激減してしまった。なので、髪はボーボーに伸び放題。もう2か月以上も切ってないもんなぁ。こんな頭でダービーに行ったりしたら吉川良先生に叱られそうな気がする。

そこで今日は散髪のために川崎競馬場に行ってきた。もともと競馬場の敷地だったエリアにこの春オープンしたばかりのショッピングモール「マーケットスクエア川崎イースト」内に、クイックカットのお店が出店しているのである。

Scuare 

1Rの新馬戦を見て、

1r 

髪を切り、

3q 

2Rの新馬戦に間に合いました。ちょいギリでしたけどね(笑)。でもこの距離感はありがたい。今後は川崎駅東口ではなく、圧倒的にこちらですね。ともあれ、これでダービーに行く準備は整った。あとは馬券だ。

2r 

 

***** 2016/05/27 *****

 

 

|

« 安田伊左衛門の理念 | トップページ | 負けた相手は »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 安田伊左衛門の理念 | トップページ | 負けた相手は »