« 見納めの景色 | トップページ | 次の10年へ »

2016年5月 7日 (土)

トニービン産駒最後のGⅠ

明日のNHKマイルカップは、1996年の創設から2001年まで6年続けて外国産馬のワンツーフィニッシュが続いた。「マルガイダービー」の異名で呼ばれた時代もある。その流れにストップをかけたのが2002年の覇者テレグノシス。しかしその勝利は微妙な“判定勝ち”だった。

Tele 

ゴール入線はテレグノシス、アグネスソニック、さらに人気のタニノギムレットの順。だが、直線でスターエルドラードが外に膨れてタニノギムレットに接触。そのスターエルドラードが膨れた隙間を狙ったテレグノシスが、スターエルドラードの進路までカットしてしまい、そのあおりを受けて再度タニノギムレットの進路が塞がれてしまったのである。

当然ながら審議のランプが灯った。

テレグノシスはもちろんのこと、勝浦騎手も杉浦調教師も、勝てばこれが初めてのGⅠ制覇となる。2月のうぐいす賞で2勝目を挙げると、スプリングSの2着で念願の皐月賞の出走権を手にした。だが、その反動は思いのほか大きく、皐月賞は泣く泣く断念。このNHKマイルCも回避の可能性を匂わせていた。だが、杉浦師自ら調教に跨って体調の回復を確信。結果、大本命のタニノギムレットを破ってみせたのだから、その手腕は讃えられていい。

審議はまだ続いている。

Tanino 

タニノギムレットを管理する松田国英調教師と武豊騎手には、前年のクロフネに続くこのレース連覇がかかっていた。皐月賞3着からという異例のステップにも関わらず、単勝オッズは1.5倍。ファンの期待も大きい。しかも皐月賞ではその期待を裏切ったばかり。負けられないという思いはことさら強かったに違いない。しかもビデオを見る限り、あれだけの不利を受けながら、そこから猛然と追い上げて3着まで来ているのである。脚が残っていなかったのならまだしも、これでは怒りも収まるまい。

20分もの審議がようやく終わった。失格及び降着馬はないという。

人前であれほど怒りを露わにした武豊騎手を見たのは、あの時が初めてではなかろうか。裁決の見解は、スターエルドラードの斜行とテレグノシスの斜行はまったく別個の事案であり、それぞれの事案は単体では走行妨害には値しないから結果として降着にはならない、というものだった。すなわち「合わせ技一本」にはならないんだよ、ということである。

杉浦調教師と勝浦騎手にとってこの20分間はとてつもなく長く感じられたことだろう。と同時に、現行の審議基準に照らし合わせた場合、このケースがどのように裁かれるのかも興味深い。

Katsuura 

ともあれ、この勝利は種牡馬トニービンにとっても大きな1勝となった。東京得意として知られるトニービン産駒は、この勝利によって東京競馬場で当時行われていた芝のGⅠ6レース(オークス、ダービー、安田記念、天皇賞・秋、ジャパンC、NHKマイルC)の完全制覇を達成。また、結果的にトニービン産駒によるれが最後のGⅠ勝利でもあった。せっかくそんなことを思い出したのだから、明日はトニービンの血を引くアーバンキッド、シャドウアプローチ、ブレイブスマッシュの3頭を買ってみようか。

 

***** 2016/05/07 *****

 

 

|

« 見納めの景色 | トップページ | 次の10年へ »

競馬」カテゴリの記事

コメント

え?

ノコギリザメではなく?

いや、確かに外れ馬券になる確率高いですけど。

投稿: tsuyoshi | 2016年5月 8日 (日) 05時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見納めの景色 | トップページ | 次の10年へ »