« マリーンカップ2003 | トップページ | 【訃報】フジヤマケンザン »

2016年4月12日 (火)

近くて遠いは

最近わけあって千葉方面に出向く機会が増えた。

敢えて「千葉方面」と書くからには船橋や中山ではない。それよりもっと奥のリアル千葉。東京生まれで、埼玉で学生時代を過ごし、今は神奈川に住む私にとって、永らく千葉は近くて遠い県だった。なにせ、今をときめく千葉大学に合格したものの、「遠い」という理由で入学手続に行かなかったほどである。それなら何のために受験したのか。合格を喜んだばかりの両親は泣き、周囲は「バカなヤツだとは思っていたが、ここまでバカだとは思わなかった」と呆れた。

ともあれ、それくらい千葉に縁がない。「けいよう」と聞けば、「京葉」ではなく「繋養」だと思うタチである。だからであろうか、このトシになって知らぬ街をあちこちウロつくのはとても楽しい。今日は念願叶って、幕張新都心のイオンモールに立ち寄ることができた。

とはいっても、ショッピングを楽しむわけではなく、いわんやよしもとのステージを見たいわけでもない。実は、讃岐うどんの名店『竹清』がこの施設内に出店していると聞き、一度訪れてみたいと願っていたのである。

Egg1 

『竹清』に来たからには半熟玉子天は欠かせない。なんて、香川の本店を訪れたことはない身だが、私の周りのうどん好きはみなそう口をそろえる。表面にうっすらと衣を纏いつつも中はトロリと半熟。それは本店のおかみさんの職人技でもある。なんでも玉子を茹でる回数と時間にコツがあるらしい。さあ果たして、この幕張のお店ではおかみさんのレシピを忠実に再現できているのだろうか―――。

Egg2 

まずまずですかね。実際食べてみると、ちゃんと美味しいです。一方で、本店で食べてみたいという欲が高まったことも否定できない。うどんの味もしかり。聞けばこちらへの出店には「はなまるうどん」が絡んでいるらしいが、そのノウハウを以てしても、いや、ノウハウがあればこそだろうか。良くも悪くもフードコート的な味わいがする。まあ、でも食べることができて良かった。

Chikusei 

そのまま帰るのも何なので、船橋競馬場にも寄り道。せっかく開催しているのだから行かぬ手はない。

Okamura 

5Rのミラクルフォンテンに騎乗の岡村健司騎手は昨日デビューを果たしたばかりの新人ジョッキー。中学3年と高校1年の2回、JRA競馬学校の二次試験で不合格となったが、それでも騎手になることを諦めず、20歳にしてついにデビューを果たした。1年目の目標を50勝に設定するなど志も高い。このレースでは2番人気に推されたが、残念ながら2着に終わった。初勝利はお預けとなったが、若手の有望株が凌ぎを削る南関東に、また1人イキの良いルーキーが加わったことは嬉しい限り。初勝利が楽しみだ。

 

***** 2016/04/12 *****

 

 

|

« マリーンカップ2003 | トップページ | 【訃報】フジヤマケンザン »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

だから「近くて遠い」なのです(^^;

投稿: 店主 | 2016年4月13日 (水) 09時07分

幕張新都心は、まだまだ手前じゃないですか(笑)

千葉駅超えると、千葉来たなーって僕は思います。

きっと、千葉より手前の千葉県民は、うちらは都民と思っていると思います。いや、すみません想像です。

投稿: tsuyoshi | 2016年4月13日 (水) 05時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マリーンカップ2003 | トップページ | 【訃報】フジヤマケンザン »