« 不安と期待の桜花賞 | トップページ | 嗜み »

2016年4月 5日 (火)

ねこびより

ここ数日東京はずっと雨が降ったり止んだりの天気が続いている。晴れたら花見―――。そう決めていたのだが、これでは花見の前に花が散ってしまいかねない。それで寒さに震えつつ、花見がてら大井に行ってみた。パドック周辺や4コーナー付近の桜は今が盛りと咲き誇っているが、ソメイヨシノのあの色合いを写真に表現するのは難しい。

Sakura 

1Rは1番人気のヴェラクルスが楽々と逃げ切った。16か月の休み明けで馬体重はなんと27キロ増。それでもここでは相手が違った。輝く芦毛はお母さんのエイシンバーリン譲りだ。

1r 

2Rを前に4コーナー付近の桜を見に行ってみる。するとそこには既に先客が花見の宴を開いていた。その先客というのは……、

Cat 

猫たちです。

「2Rは荒れそうだにゃ~」

Cat1 

「3番は20キロも減ってるじゃにゃいか!」

Cat2_2 

「でも今27キロ増の馬が勝ったばかりにゃん」

Cat3 

「ちょっと予想屋さんに聞いて来るにゃ」

Cat4 

「やばい! 発売締切のベルだにゃ~!」

Cat5 

―――なんて話で盛り上がっていそうなほど猫がたくさん。花見というより猫見ですな、こりゃ。

Gate 

そんなこんなで2Rも1番人気の芦毛馬・エイダイサンボーイが逃げ切った。こちらの芦毛はお婆ちゃんのユキノサンライズ譲り。猫たちの馬券は当たったのだろうか。

2r 

 

***** 2016/04/05 *****

 

 

|

« 不安と期待の桜花賞 | トップページ | 嗜み »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 不安と期待の桜花賞 | トップページ | 嗜み »