« 【焼きそば探訪③】カレーあんかけ | トップページ | 世代交代か世代の壁か »

2016年3月24日 (木)

3歳女王から3歳最強へ

昨日の浦和競馬場は比較的静かな桜花賞デー。今日の浦和競馬場はきっとたいへんな騒ぎだったに違いない。しかし、これはあくまで昨日の話。埼玉県の桜の基準木は大宮公園内にあるそうだが、浦和競馬場パドック脇のソメイヨシノもこの通り開花していた。そのパドックに間もなく桜花賞に挑む3歳牝馬11頭が姿を現す。

Sakura 

人気はモダンウーマン。重賞3連勝中で、しかもそれがまったく危なげないレースぶりなのだから、単勝1.1倍も仕方ない。最大の敵は他馬でもなく、ましてや自分でもなく、おそらく枠順だったと思われるが、それも3枠3番を引いた時点でクリア。「注目は勝ち方」なんて声が聞こえてくるのは、羽田盃や東京ダービーを意識してのことだろうか。

Modern 

ポンとスタートを決めたモダンウーマンは、そのまま内目の2番手に収まった。隊列に動きが無いままレースは淡々と進む。ところが3コーナーを過ぎたあたりで場内がざわめき始めた。内ラチ沿いを逃げるオウカランプの背後に付けていたモダンウーマンだが、その外には2番人気のリンダリンダがピタリと馬体を並べている。これでは外に持ち出すことができない。「詰まったぁ!」。スタンドから悲鳴に近い声が飛ぶ。

ところが山崎誠士騎手は落ち着いていた。直線に向いて、逃げ馬がわずかに膨れたその瞬間を見逃さなかったのである。内ラチ沿いからビュンと伸びると、楽々とリンダリンダを突き放して1馬身差の完勝。「まずは1冠目」。そう言わんばかりの涼しい勝ちっぷりであった。

山崎誠士騎手は意外にもこれがクラシック初制覇。それにしても、川崎所属でありながら彼は浦和にめっぽう強い。これが重賞12勝目。うち半分の6勝を浦和で稼いでいる。

レース後、モダンウーマンを管理する佐々木調教師は「羽田盃と東京プリンセス賞の両睨み」と、牡馬相手のクラシックを目指す可能性を示唆した。牡馬クラシック路線の中核をなすタービランス、モリデンルンバ、トロヴァオは、いずれも道営出身馬。タイニーダンサーを物差しにすれば、モダンウーマンが彼らをまとめて負かしたとしても驚きではない。

果たしてクラーベセクレタ以来の牝馬による羽田盃制覇があるのか。南関東重賞でモダンウーマンに3連敗中のリンダリンダ陣営にとっても、その選択が大いに気になるところであろう。

 

***** 2016/03/24 *****

 

 

|

« 【焼きそば探訪③】カレーあんかけ | トップページ | 世代交代か世代の壁か »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【焼きそば探訪③】カレーあんかけ | トップページ | 世代交代か世代の壁か »