« ワンダーホースの血 | トップページ | 3歳女王から3歳最強へ »

2016年3月23日 (水)

【焼きそば探訪③】カレーあんかけ

焼きそばの話を立て続けに書いたせいか、「鶴見で人気の焼きそば専門店がありますよ」と教えられた。そんなら来週の川崎開催のついでに……と思ったものの、どうもスケジュール的に次の川崎開催は行けそうにない。なので、わざわざ焼きそばのためだけに鶴見に行くことにした。実はこういう行動はあまりよろしくない。“ついで”の気楽さがない分だけ、どうしても気持ちの中のハードルが上がってしまう。

そのお店『ちぇん麺』は京急鶴見駅の東口から徒歩1分。表通りから一本入った路地に店を構えていた。パッと見はラーメン専門店の趣がある。開店と同時に入店したのだが、私のあとから立て続けに2名の客が入ってきた。どちらもひとり客。しかもうちひとりは若い女性ときた。「人気の」という謳い文句は、どうやら間違っていないようだ。

Dsc_3366 

人気は「カレーあんかけ焼きそば」だという。福島の会津若松あたりには「カレー焼きそば」というB級グルメがあるが、「カレーあんかけ」とは聞いたことがない。注文時に麺の焼き加減とカレーの辛さを聞かれる。焼き加減は「普通」。辛さは5段階あって、レベル「3」より上は激辛の範疇だというから、「2」に留めておいた。

麺にはこだわりがあるようだが、ラーメンサイトみたいになるのでいちいち書かない。面白いのはその麺を餃子を焼く機械を使って焼くこと。四角い鉄板で上から蓋をするやつですね。これは初めて見た。ちなみにメニューに餃子はない。

そうこうするうち出てきた1杯がこちら。

Dsc_3369 

なるほど、たしかにカレーあんかけですね。焼きそばが隠れるほどあんがたっぷりあるので、引っ張り出してみるとこんな感じ。

Dsc_3370 

焼き加減「普通」だと、麺のパリッとした部分とモチッとした部分が半々くらいで出される。それがあんを纏うことで、またそれぞれ食感が変わる。大き目にカットされた野菜たちもシャキッと主張しているし、レベル「2」のカレーはしっかりと辛い。この1杯の中に見せ場がいくつも詰まっている。なるほど、これなら人気がというのも頷ける。

ただ、見せ場が多すぎて肝心の「焼きそば」感が薄らいだ印象もなくはない。そういう意味では初めてのオーダーは、オーソドックスな「あんかけ焼きそば」とするべきだった。そう思ってしまうあたりが“ついで”でない部分。なにより、津田沼で食べた絶品のあんかけ焼きそばの余韻もまだ消えていない。やはり今日はハードルが高かった。いや、美味いんですよ。ただ最近面倒くさがりになっているだけ。

次に来るとしたら、やはり川崎開催のついでが良かろう。そう思って開催日程を調べてみると、次の開催は5月9日とある。ずいぶん先だ。しかも重賞の行われない開催ではないか。きっとこの開催も行かないんだろうな(笑) こうして“ついで”の用事ばかりが溜まっていく。

 

***** 2016/03/23 *****

 

 

|

« ワンダーホースの血 | トップページ | 3歳女王から3歳最強へ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

今度川崎帰りに行ってみます!

焼きそばでしたら「あぺたいと」はいかがでしょう。小倉競馬場の名物「想夫恋」の焼きそばに近い、茹でた麺をパリっとするまで両面焼く焼きそばになります。

昔は府中の東八道路沿いにあったのですが、今は都内の北部か、馬喰町近辺にあります。

http://www.apetaito.com/

投稿: てつじん | 2016年3月26日 (土) 01時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワンダーホースの血 | トップページ | 3歳女王から3歳最強へ »