« 骨折明け | トップページ | トライアル連闘 »

2016年2月25日 (木)

【焼きそば探訪①】たんたん焼きそば

先日、府中市内のとある食堂で、このようなメニューを見かけた。

Menu 

湯河原風担々焼きそば―――?

神奈川県湯河原町のご当地焼きそばらしいが、神奈川の東の果てに住む者として、「湯河原」という神奈川県西端の地名にはどこかしら心惹かれるものがある。それで思わず注文してみることに。

Yugawara 

見た目は普通の焼きそばに近い。だが、食べてみるとピリ辛のあんが喉を刺激する。うん、悪くない。だけど、もうちょっと美味しくするために、もうひと工夫できそうな気もする。たとえば焼きそばであることを活かした何か。しかしまあ、そこまで期待するのは酷であろう。ここは府中の食堂。しかも、メニューにはあくまで「湯河原風」と断ってある。

湯河原町の担々焼きそばは、湯河原に食の名物を作ろうと商工会が動き出したのがきっかけで生まれた。いわば創作型のご当地B級グルメ。静岡県富士宮市の「富士宮焼きそば」や秋田県横手市の「横手焼きそば」など、B-1グランプリで焼きそばが人気を集めていたことに注目して考案された。正式名称は「たんたんたぬきの担々焼きそば」。神の使いとして湯河原の温泉を守り続けている、伝説のたぬきにちなみ命名されたという。

湯河原の担々焼きそばには、レモンやオレンジなどの柑橘類を添えたり、茹で玉子を載せたりと様々な流派があるようだが、品川から大井競馬場に向かう途中、京急・新馬場駅近くの中華料理店『味丸』には、湯河原風ではない、単なる「担々焼きそば」がメニューに掲げられている。

Ajimaru 

具材はニラ、もやし、炒り玉子と極めてシンプル。だが、これがめっぽう美味い。完成された美味さとでも言おうか。味の決め手は勝浦担々麺と同じ辣油のピリ辛。だが、その辛さの末脚を、炒り玉子の甘さが封じてくれる。おかげで辛さに悶絶するようなことはない。

Tantan 

ここはラーメンも美味しいと評判の店だが、この担々焼きそばを食べないのはもったいない気がする。ちなみに注文するときは「たんたんやき」と言うと、ちょっとツウな感じになれる。やってみよう。

 

***** 2016/02/25 *****

 

 

|

« 骨折明け | トップページ | トライアル連闘 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 骨折明け | トップページ | トライアル連闘 »