« 蛯名正義騎手2400勝 | トップページ | 万事塞翁がイナリワン »

2016年2月 9日 (火)

肉の日 in 大井

雲取賞の大井競馬場に向かう途中、青物横丁の『おにやんま』に立ち寄った。今日2月9日は年に一度の「肉の日」。いつもなら「鳥天ぶっかけ」を注文するところだが、それならと「肉ぶっかけ」を注文してみた。

Niku1 

甘辛く炊かれた牛肉はそれだけで食べてもかなり美味しい。白飯で食べてみたい気もする。だが、それ以上にダシに合う。極端なことを言えば、うどんが無くても良い。これなら「肉うどん、うどん抜きで」という肉吸的な注文もアリかと思う。だけど私はやっぱりうどんが食べたい。うどん屋さんに来てんだし。

そんなこんなで雲取賞。こないだも書いたように、都内最高峰の山の名を戴くこのレースは、3歳クラシックシーズンの登山口でもある。となれば、注目すべきはヤマノカミを置いてほかにいまい。

金沢で2歳チャンピオンに輝いた実力に加え、門別の1600mでレコード勝ち実績があるようにスピードも兼ね備えている。しかも、その時に負かした相手は、ニューイヤーCを勝ったモリデンルバではないか。父アッミラーレは昨年のNAR年度代表馬・ハッピースプリントを送り出し、母の父フレンチデピュティは東京大賞典勝ち馬サウンドトゥルーの父。血統的な不安もない。単複勝負だ!

ところが勝ったのはハタノリヴィール。しまった! こちらもフレンチデピュティ産駒ではないか。しかも、昨年6月の門別でヤマノカミに4馬身の差をつけて勝った実績もある。そこまでちゃんと見ていれば、3連単取れたなぁ……。でも、ありがたいことにヤマノカミが3着に頑張ってくれた。ささやかな複勝払戻金を掴んでやってきたのは、新スタンド「G-フロント」1Fで営業するコチラ。

Don94 

『DON94』はドンブリとラーメンとスイーツがウリだという、いささか甘ピンのお店。遠目に見ているとソフトクリームがいちばん売れているようだ。次いで緑茶ハイ。店名からすれば、丼ものがイチオシのはずなのだが誰も注文しようとしていない。

Don2 

思い切ってメニューの中でも最高価格のステーキ丼をオーダーしてみた。「肉の日」なのだから多少の肉贅沢も許されよう。肉は注文を受けてからフライパンで焼き始めて、ご飯の上に載せられたのち、醤油ベースのタレがかけられて出てくる。

Don1 

私が思っていたより肉の分量は多かった。厳密には「ステーキ」と呼べない代物だが、そこは大目に見ることにしよう。肉の味と食感は想像通り。敢えて全体的な感想を述べれば「このネギ美味ぇ!」である。それじゃあ「肉の日」もあったもんじゃないが、そう思ったのだから仕方ない。「ネギの日」なんてのは、制定されていないのだろうか。

 

***** 2016/02/09 *****

 

 

 

|

« 蛯名正義騎手2400勝 | トップページ | 万事塞翁がイナリワン »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蛯名正義騎手2400勝 | トップページ | 万事塞翁がイナリワン »