« 西と東の境目は | トップページ | 鬼門 »

2016年2月12日 (金)

大井の新名物

好天に恵まれた一昨日の大井競馬場では、伝統の古馬重賞・金盃が行われた。

サミットストーンやユーロビートといったダートグレードレースの優勝経験のある馬に注目が集まる中、7歳馬ジャルディーノはA2クラスの条件馬。それでも、昨夏以降4連勝中の勢いを買われたのか、差のない3番人気に推されている。

Jaru1 

馬場入りの時に、少しばかり場内が沸いた。本馬場に姿を現したジャルディーノが、立ち止まったまま動こうとしないのである。その脇を後続の馬が追い抜いてゆくが、ジャルディーノに動じる様子はまったく感じられない。

Jaru2 

その姿にカメラマンやお客さんからは失笑が漏れたが、実はコレ、いつものことである。重賞以外のレースにも足を運ぶ熱心なファンならば、「ジャルディーノの立ち止まり」はもはや見慣れた光景であろう。「大井の新名物」という人もいる。

Jaru3 

かえし馬があまり好きでないのか、他の馬がいなくなるのを待っているのか、とにかく馬は動きたがらない。以前は真島騎手も無理矢理促して動かしていた。だが、最近では騎手も分かったもので、慌てて促すことはない。頚を撫でたりしながら、馬が自分から動き出すのを気長に待っている。そこにはもう厩務員の姿さえない。すべての馬が入場を終え、思い思いのかえし馬をしながら向こう正面へと駆けてゆき、仕事を終えた誘導馬が戻ってきたその時、やおらジャルディーノが踵を返した。スタンドからは安堵の声。その一方で「あんなんで大丈夫か?」の声も聞こえてくる。

しかしこれが大丈夫なんですなぁ。好スタートから内目の4番手でじっくりと折り合い、最後の直線に向いて馬場の真ん中に持ち出すと、ユーロビートとの叩き合いに持ちこみ、結果2馬身半もの差をつけての快勝。7歳にして嬉しい重賞初制覇を果たした。

3歳時には羽田盃3着(同着)、東京ダービーにも出走した素質馬である。だが、当時は蹄に不安を抱えながらの競馬。その後も思うようにレースを使えない時期が続いた。それでも無理だけはさせなかったからこそ、今日の姿がある。東京ダービーのゴールでは8馬身も前にいたプレティオラスに、この日は逆に3馬身近い差をつけた。陣営にしてみれば溜飲を下げる思いであろう。

だが、この日はプレティオラス57キロに対し、条件馬のジャルディーノは54キロと3キロのハンデをもらっていた。同斤量なら差はなかったかもしれない。両馬は大井記念で再戦する可能性が高いという。ならばそこで決着をつければいい。南関重賞が面白くなるのは大歓迎だ。

 

***** 2016/02/12 *****

 

 

 

|

« 西と東の境目は | トップページ | 鬼門 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西と東の境目は | トップページ | 鬼門 »