« 肉フェス in 東京競馬場 | トップページ | 思惑通りにいかなくて »

2016年1月 7日 (木)

年の初めのノーザンファーム

「年越しそば」に対抗して近年注目を集める「年明けうどん」をご存じですか?

もともとは香川県の「さぬきうどん振興協議会」が、うどん文化の普及を狙い提唱したメニュー。世間の認知度は今ひとつのようだけど、「細く長く」のそばよりも「太く長く」のうどんの方が良いじゃないかということで、うどん好きや欲張りな方を中心にひそかに浸透していると聞く。

となれば欲張りなうどん好きである私が食べないわけにいかない。しかし、年明けうどんにはいろいろな縛りがあって簡単に食べることができないので、とりあえず2016年初うどんといこう。さて、どこで食べようか。折しも今日はニューイヤーカップが行われる浦和へ足を運ぶ予定。そこで一軒のうどん屋に思い当たった。埼玉高速鉄道・新井宿駅前に最近開店したうどん店。その名も『ノーザンファーム』。

Northern_2 

昨年、社台ファームに50億円近い大差を付け、4年連続となるリーディングブリーダーの座に輝いた日本を代表する牧場がこんなところでうどん屋を営んでいたとは!

Korokke 

なーんて、あのノーザンファームなワケないですよね。むろん別物。でも、うどんは美味しい。十勝ポークも美味しい。羊蹄山コロッケも美味しい。さすが「ノーザン」を名乗るだけのことはある。

Udon 

2016年の初うどんを無事食べ終えて浦和競馬場へ。すると10Rに浦和では珍しいハービンジャーの産駒を見つけた。

エフティベスはノーザンファーム生産の4歳牝馬。桜花賞とオークスで共に2着したエフティマイアの娘だから良血と言っていい。むろんこちらの「ノーザンファーム」は、皆さんご存知のあのノーザンファーム。おとといのJRA開幕日には、中山・京都に大挙42頭の生産馬を送り込み、たった1日で5勝を荒稼ぎした。5年連続リーディングに向け絶好のスタートを切ったその勢いに、ここはひとつ乗っかってみようか。

Baken 

しかし残念ながら結果は7着。ノーザンの生産馬だからって、なんでもかんでも勝つわけではない。ちなみに勝ったのは1番人気のトーセンセラヴィ。ダートグレード6勝のトーセンジョウオーの娘。良血という点ではこちらも負けていなかった。

Tosen_2 

 

***** 2016/01/07 *****

 

 

 

|

« 肉フェス in 東京競馬場 | トップページ | 思惑通りにいかなくて »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 肉フェス in 東京競馬場 | トップページ | 思惑通りにいかなくて »