« ダービー馬のAJCC | トップページ | 【訃報】キングマンボ »

2016年1月21日 (木)

スペシャリスト

昨日の船橋記念は3番人気のイセノラヴィソンが3番手から直線で抜け出し、アルゴリズムの追撃を半馬身退けて重賞初制覇を飾った。

Tsubasa 

左回りのダート1000mで行われる重賞は全国的に見ても数が少ない。南関東でも習志野きらっとスプリントと、この船橋記念だけ。そういう意味では特殊領域。だからしばしばスペシャリストの舞台となる。事実、ナイキマドリードは船橋記念と習志野きらっとスプリントを合せて5勝。笠松の女傑・ラブミーチャンも習志野きらっとスプリント3連覇の偉業を打ち立てた。エスジーライカーも両レースで1勝2着2回の良績を残している。

だから今回ルックスザットキルが人気を集めたのは当然の成り行き。3歳で挑戦した昨夏の習志野きらっとスプリントでは、初の古馬対戦にも関わらずサトノタイガー以下を完封してみせた。彼こそが新たなスペシャリストに違いない。実は私もそう信じていたひとり。それがシンガリ負けだからいたく驚いた。引き揚げてきた馬の顔を見てすぐに鼻出血だと分かったが、彼の馬券を勝っていた人はたまらないだろう。競馬に絶対はない。鼻出血や故障は時と場所を選ばないが、当然ながら人気にも無関係に襲いかかる。

出走頭数10頭のうち、純粋なオープン馬たる「A1級」は3頭のみ。あとはA2とB1の条件馬だった。だからレースのレベルが問われたのも仕方ない。ちなみに勝ったイセノラヴィソンを含め、掲示板に載った5頭のうち3頭がB1。あとはA1とA2が一頭ずつ。勝ち時計も1000mの船橋記念としては過去もっとも遅い。寒さに震えながらわざわざ足を運んでくれたファンに申し訳ない気もする。

こうなるとイセノラヴィソンには新たなスペシャリストとしてブレイクしてもらいたいところだが、明け6歳の牝馬に無理を強いるわけにはいかない。

ルックスザットキルのしんがり負けには驚いたが、早熟が代名詞のファスリエフ産駒が6歳にして初めて重賞を勝ったこと自体も驚きだ。もちろん関係者の熱意と努力の賜物である。だが、裏を返せば南関東のスプリント路線が手薄ということなのだろう。条件馬が重賞の掲示板を占めたことがその証。愛馬ポップレーベルが突如として1200m路線に転向したのも、ひょっとしたらそんな事情も後押ししているのかもしれない。果たして彼はスペシャリストになれるだろうか。

 

***** 2016/01/21 *****

 

 

 

|

« ダービー馬のAJCC | トップページ | 【訃報】キングマンボ »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ダービー馬のAJCC | トップページ | 【訃報】キングマンボ »