« 冬至 | トップページ | 24年連続GⅠ優勝記録 »

2015年12月22日 (火)

納めの浦和

今年の浦和最終開催日を飾るゴールドカップに、重賞4連勝中のソルテが出走してきた。もちろん1番人気。パドック周回時の単勝オッズは1.1倍を指している。となれば注目すべきは勝ち負けではなく、むしろその勝ちっぷりであろう。2015年浦和競馬の締め括りにふさわしいレースを期待したい。

Solte1 

ところが本馬場入場時に事態は一変した。「わあっ!」という歓声に振り向くと、空馬になったソルテが駆けてくるではないか。その向こうには茫然と立ちすくむ吉原寛人騎手の姿が! これは大変だ。

Solte2 

万一、圧倒的1番人気の馬が競走除外ということになれば、その影響は計り知れない。大半の人はソルテ絡みの馬券を買っているのである。せっかくの浦和の2015年ラスト重賞が、ただ見るだけで終わってしまっては、あまりに切ないではないか。

だからと言って何事もなかったように出走して、万一負けたりしたら、何が起こるか分かったものではない。なにせ、ここは浦和である。少なくとも吉原騎手は無事では帰れまい―――。なんて話は冗談だが、少なくとも吉原騎手本人は内心ヤバいと思っていることだろう。騎手が平常心を失えば、それだけで余計な負担重量を背負ったことになる。

果たしてソルテはそのまま出走することに。それで結果は5馬身差の圧勝だから凄い。やはりここでは力が違った。

Solte3 

競馬場にいた多くの人がこの結果に安心したことだろうが、いちばんホッとしたのは吉原騎手本人であろう。「落馬してしまい申し訳ない」と恐縮することしきり。それでも「かしわ記念までは負けたくない」と言ってのけるあたりはたいしたものだ。

今日の勝利で吉原騎手は今年の南関東重賞7勝目。それに次ぐのが矢野騎手の4勝である。南関東のファンは、もはや彼が金沢所属であることを意識してないのではないか。しかも来週月曜からは南関東での期間限定騎乗が始まる。ユーロビートで東京大賞典、ロゾヴァドリナで東京シンデレラマイルに参戦予定。とうぶん彼の手綱から目が離せそうもない。

ともあれ、これで今年の浦和競馬はおしまい。浦和の皆様、よいお年を。

 

***** 2015/12/22 *****

 

 

 

|

« 冬至 | トップページ | 24年連続GⅠ優勝記録 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬至 | トップページ | 24年連続GⅠ優勝記録 »