« 納めの浦和 | トップページ | 枠順抽選 »

2015年12月23日 (水)

24年連続GⅠ優勝記録

年賀状準備も終盤戦。だが、ここでひとつの問題に直面してしまった。

牧場宛の年賀状には、なるべくその牧場の生産馬の写真を使うようにしている。もし、その牧場が今年のGⅠレースを勝っていれば―――しかもその馬の写真が私の手元にあれば―――ぜひともその1枚を使いたい。だから例年、社台ファーム関係者への年賀状には、なにがしかのGⅠレースの写真を使ってきた。ところが、である。実は今年、社台生産馬が未だJRAのGⅠレースを勝っていないのだ。

「なあんだ、そんなことか」

大半の人には関係のない話であろう。だが、アドラーヴルのオークス以来23年間も続いてきた記録だと思えば、それが途絶えれることは一大事ではないか。先週の朝日杯FSは断然人気のエアスピネルがまさかの敗戦。これで今年の社台生産馬のGⅠレースでの2着は4度目となった。しかも、そのうち3度までがノーザンファームの生産馬が優勝していのである。これは悔しい。

そのノーザンは今年JRAだけでGⅠ9勝の荒稼ぎ。有馬記念にもラブリーデイを筆頭に大挙5頭を送り込み、GⅠ10勝目の大台を狙っている。一方の社台はと言えば、サウンズオブアースとオーシャンブルーの2頭のみ……かと思ったら、ショウナンパンドラ回避のおかげで、ダービーフィズがなんとか出走枠に滑り込んだ。

それでも両者の勢いには差を感じざるを得ない。そもそも、ダービーフィズは出走順16位で、補欠1位ペルーサ、補欠2位トーセンレーヴの順だった。事態が動いたのは先週のディセンバーSである。このレースの1番人気スーパームーンは社台の生産馬。ノーザン生産のトーセンレーヴは2番人気である。このレースで1番人気が順当に勝ってくれれば、社台にとってなんの問題もなかった。

しかし勝ったのはトーセンレーヴ。スーパームーンを破っただけに留まらず、賞金加算にも成功した。結果、ペルーサ、ダービーフィズの社台生産2頭を収得賞金で逆転してみせたのだから、この勝利は大きい。さらに、有馬記念でのオーシャンブルーの鞍上に決まっていたはずのボウマン騎手までトーセンレーヴに取られてしまった。社台にとってはまさに泣きっ面に蜂。しかし諦めるのはまだ早い。秘かにサウンズオブアースに期待を寄せる向きは多いと聞く―――なんて、それは私だけか?

Sounds 

ネオユニヴァースの産駒はJRA重賞を24勝しているが、うち13勝が中山競馬場という中山巧者ぶり。産駒が勝った4つのGⅠも、うち3つは中山競馬場である。しかも、鞍上は今月絶好調のミルコ・デムーロ。そもそも彼がノンコノユメやエアスピネルを差したりしなければ、連続GⅠ勝利記録はすんなりと更新されていた。今度は社台の顔を立てる番だ。

ちなみに、ノンコノユメが7月のジャパンダートダービーを勝っているのだから、広義の意味において「24年連続GⅠ勝利」は既に達成されている。だが、記録は分かりやすい方が良い。日本でもっとも有名なGⅠを勝てば文句はなかろう。ゴールドシップのラストラン。混沌とした年度代表馬争い。暮れの大一番の見どころは、それだけではない。サウンズオブアースが勝ってくれれば、私の年賀状問題も解決するのだが……。

 

***** 2015/12/23 *****

 

 

 

|

« 納めの浦和 | トップページ | 枠順抽選 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 納めの浦和 | トップページ | 枠順抽選 »