« 納めの船橋 | トップページ | 年賀状の懊悩 »

2015年12月 9日 (水)

再び、納めの船橋

船橋に来るのは昨夜が年内ラストと決めていたのに、諸事情あってクイーン賞に来ることができた。二夜連続の「納めの船橋」の感想としては、まあとにかく寒い! 夜になると海に向かって北風が吹きすさぶ船橋では、冬場のナイターはまさに修羅場。早く発走してくれ。

そんな極寒のクイーン賞を勝ったのはハーツクライ産駒の3歳馬・ディアマイダーリン。ハーツクライは、意外にもこれが産駒によるダートグレードレース初勝利となった。

Dearmy 

父はたしかにダート重賞初勝利かもしれないが、ディアマイダーリンの母系はと見れば、ゴールドアリュールを筆頭に、ソロル、ゴールスキーなどダートの猛者がずらりと並ぶ。いわゆるニキーヤの一族である。ダート初挑戦がいきなりの重賞。しかもキャリアの浅い3歳馬。ディアマイダーリンの前に据えられたハードルは、決して低くはなかったはずだが、それを正攻法の競馬でクリアしてみせたのは、やはりこの母系の為せる業に違いない。見事な勝利だった。

ただ、ハーツクライの母系にだって、あのノンコノユメの名前が出てくるのだから、決して血統的にダートがダメということはあるまい。今日のディアマイダーリンの勝利によって、ダートを目指すハーツクライ産駒が増えるようならそれは歓迎すべきであろう。選択肢の広がりは、種牡馬ハーツクライの可能性の広がりに直結する。マスクトヒーローやベルゲンクライだけではないはずだ。

ノンコノユメといえば、先週のチャンピオンズカップでわずかに届かなかったルメール騎手は、今日のレースでは圧倒的人気のトロワボヌールの手綱を任された。よりによって、またも1番枠。嫌な予感は的中した。直線ではチャンピオンズC同様に最内を突いて伸びてきたが、今日もクビだけ及ばずの2着。直線では激しい既視感を覚えたが、勝ち馬と3キロ半の斤量差を思えば仕方ない。

ともあれ、今夜こそ本当に納めの船橋でした。船橋の皆様、よいお年を!

 

***** 2015/12/09 *****

 

 

 

|

« 納めの船橋 | トップページ | 年賀状の懊悩 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 納めの船橋 | トップページ | 年賀状の懊悩 »