« 最強世代の2歳チャンプ | トップページ | 冬至 »

2015年12月20日 (日)

納めの中山

昨日の話です。

Paddock 

冷たい北風が吹きつける中山競馬場のメインは重賞昇格1年目のターコイズS。パドックを歩く馬の影もご覧の長さ。それもそのはず明後日は冬至。そして来週は有馬記念ですよ。今年もいよいよ押し詰まってきた。個人的にはこれが今年最後の中山となる。なんと今年はたった5回しか来なかった。来年はもっと減りそうだ。

ともあれ年が押し詰まって気になるのがリーディングである。リーディングジョッキー争いは先週の時点で福永騎手121勝に対し、戸崎騎手が120勝。残る開催はこの日を含めて4日間。さあ、逆転なるか!?

―――と思いつつ昼過ぎに競馬場に着いて見れば、午前のレースで戸崎騎手が3勝しているではないか。なーんだ。実にあっさりとリーディング確定。勝つときはまとめて勝つというあたり、いかにも彼らしいのだが、勝手を言えばもう少し我々の興味を引っ張って欲しかった。でも、まあ、とにかくおめでとうございます。連続リーディングジョッキーは最近では武豊騎手が達成して以来の快挙。だが、その時の彼の記録は7年連続である。しかも、その前には9年連続も記録していた。「2年」では比較にならない。武豊騎手の凄さをあらためて実感する。

そんなことを思いつつ眺めたターコイズSは、なんと11番人気のシングウィズジョイが勝って波乱の決着。戸崎騎手は今日4勝の固め打ち。しかもラストを重賞勝利で締めるとはニクい。

Tosaki 

今年の戸崎騎手は5月までにGⅠヴィクトリアマイルを含む重賞6勝の大活躍。このペースなら昨年の記録をことごとく塗り替えるのでは?……と思わせたものだが、その後の重賞勝ちは、今日のターコイズSを含めても2勝に留まっている。年間勝利数や勝率も昨年より落ちた。

逆に2着の数が増えたのは、やはりデムーロ騎手とルメール騎手の影響であろうか。今年は途中参加だった彼らと、来年は完全に同じ土俵で戦わなければならない。3年連続リーディングへの道は、これまで以上に険しいものとなろう。だが、その前に有馬記念。できることなら連覇で2年連続リーディングに花を添えたい。ルージュバックとの雪辱を果たす最後のチャンスかもしれない。そう思ってTV中継を観ることにしよう。

それでは中山の皆さん、良いお年を。

 

***** 2015/12/20 *****

 

 

 

|

« 最強世代の2歳チャンプ | トップページ | 冬至 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最強世代の2歳チャンプ | トップページ | 冬至 »