« 【訃報】フジキセキ | トップページ | シンデレラ2015 »

2015年12月29日 (火)

フジキセキに捧ぐ

東京大賞典に出走するホッコータルマエには史上初の大記録が、ふたつもかかっている。

勝てば東京大賞典3連覇。2連覇は他にアジュディミツオーとスマートファルコンが達成しているが、3連覇は過去にない。しかも勝てば前人未到のGⅠレース10勝目となる。ヴァーミリアンもエスポワールシチーもGⅠ9勝を挙げてから、あと1勝が遠かった。彼らが8歳でGⅠ9勝目に到達したことを思えば仕方ない部分もある。だが、ホッコータルマエはまだ6歳。衰えるのはまだ早い。

ホッコータルマエの偉業に待ったをかけるとすればコパノリッキーが最右翼。両者とも今年は揃ってGⅠを2勝。このレースに勝った方が「最優秀ダートホース」のタイトルに一歩近づく。特にコパノリッキーは去年のこのレースでホッコータルマエに敗れたことが、タイトルを逃す大きな原因になった。フェブラリーSとJBCクラシックを共に連覇した以上、今年のタイトルは絶対に譲れまい。

Kopano 

互いに譲れぬ2頭が先行すれば、勢いペースは厳しくなる。先手を取ったのはコパノリッキー。それをホッコータルマエがピタリとマークしている。相手はこの一頭しかいない。JBCクラシックの二の舞はごめんと言わんばかりの徹底ぶり。それで直線に向くと、早々とコパノリッキーを競り落として先頭に立った。

「さあGⅠ10勝目か!」

場内実況も沸き立つ。だが、ホッコータルマエが置き去りにした馬群から、一頭の栗毛馬が飛び出してホッコータルマエを捉えた。3番人気のサウンドトゥルー。よくよく考えたらチャンピオンズカップの最先着馬ではないか。それで3番人気とは失礼した。

Daishoten 

勝ち時計が2分03秒0で上がり36秒7は速い。負けたとはいえ、コパノリッキーを負かす競馬をして2分03秒3なら、ホッコータルマエも能力を出し切っている。幸騎手にしてみれば、あのペースで36秒台で上がる馬がいたことが誤算であろう。

有馬記念から中1日置いてGⅠ初制覇劇が繰り返された。「世代交代」が競馬界全体のトレンドに思えてくる。サウンドトゥルーの母の父はフジキセキ。昨日亡くなったばかりの偉大な祖父に、良い報告ができそうだ。

 

***** 2015/12/29 *****

 

 

 

|

« 【訃報】フジキセキ | トップページ | シンデレラ2015 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

フジキセキを担当されてた厩務員さんは、のちにジャンポケも担当されましたが、ダービー後に「フジキセキはこんなもんじゃなかった」とおっしゃってました。凄かったんですね。

投稿: 店主 | 2016年1月 3日 (日) 11時21分

私が最も観ている過去のレース映像は
トップガン、ブライアンの阪神大賞典でもなければ
オグリのラストランでも無い。

そう、フジキセキの弥生賞なのです。

フジキセキ大好きでした合掌。

投稿: tsuyoshi | 2016年1月 3日 (日) 06時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【訃報】フジキセキ | トップページ | シンデレラ2015 »