« 長距離の遺伝子 | トップページ | 大井所属馬初の快挙へ »

2015年12月 2日 (水)

愛しの牛タン

先週のこと。東京競馬場馬場内にて開催されていたワールドグルメフェアの会場に、ひときわ目立つ「牛タン」の文字を見つけた。

Kanban 

「ワールド」を銘打つイベントに仙台名物の屋台はいささか場違いな気もするが、なにを隠そう私は仙台牛タンに目が無い。焼き肉店でタン塩を頼むことは無いのに、この東京競馬場に店を構える『なとり』の牛タン弁当はしょっちゅう食べているし、おやつのポテトチップスは牛タン味と決まっている。場違いであろうが、これは食べてみなければなるまい。

Chips 

念のため屋台をぐるりと一瞥して屋号を確認すると『陣中』とあった。仙台でも名を知られた専門店。これなら心配あるまい。たまに大井競馬場に“自称”仙台牛タンの屋台が現れるので用心深くなっているのである。

牛タンカレーと串焼きを注文。カレーは大ぶりの牛タンの塊がほろほろになるまで煮込まれたのが入っているイメージだったのだが、実際には細かく刻まれた牛タンが混ぜ込んであった。ちょいと残念。残念だが、これはこれでじゅうぶん美味しい。どこをすくっても牛タンが口に入るから、牛タンの味わいがずっと続く。

Curry 

「串焼きは塩と味噌どちらにしますか?」と聞かれた。味噌というのは経験がない。自席に持ち帰ってゆっくりと味わうことに。

Kushi 

ご覧のように仙台みそのタレがまんべんなくかけてある。さっそく一口。この歯触りの良さ。噛み締めるごとに広がる旨味。これほど完成された串焼きもそうあるまい。ちょっと辛めのみそが、ちょうど良いアクセントになる。失礼ながら大井競馬場の牛タン串とは雲泥の差だ。

ただし問題がないわけでもない。カレーが1杯900円。串は1本800。先日も書いたことだが、イベント価格だからやむを得ないのは分かる。しかも牛タンは高級品。なにせ牛一頭から1本しか取れない。だが、それらを承知の上でも割高感は残る。

折しも、大筋合意を見たTPP交渉においては、輸入牛タンの関税が撤廃の方向に動くという。TPP発効後1年目に牛タンの関税は半減され、11年後には完全撤廃されるそうだ。その暁には少しは安くなるだろうか。

牛タンは国産だけでは需要を賄い切れず、海外からの輸入品が9割以上を占めている。それを考えれば、たしかに牛タンは「ワールド」な料理なのかもしれない。ちなみに輸入元は米国と豪州とのこと。この2か国は今年はJCに参加しないのかと思っていたら、なんとしっかりと牛タンを東京競馬場に送り込んでいたのであった。

 

***** 2015/12/02 *****

 

 

 

|

« 長距離の遺伝子 | トップページ | 大井所属馬初の快挙へ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長距離の遺伝子 | トップページ | 大井所属馬初の快挙へ »