« 愛しの牛タン | トップページ | 競馬場のカラス »

2015年12月 3日 (木)

大井所属馬初の快挙へ

昨日行われた浦和記念は大井所属のハッピースプリントが完勝。昨年の東京ダービー以来の勝ち星で、ダートグレードレース3勝目をマークした。

Happy 

「勝たないといけないと思っていた」とは、ハッピースプリントの手綱を取った宮崎光行騎手の談。2着も地方馬のサミットストーン。3、4着はJRA勢に譲ったが、5着は地元のトーセンアレスである。だが、これをして地方馬のレベルが上がったとは当然言えまい。ソリタリーキングもドコフクカゼもマイネルクロップも、仮にチャンピオンズカップに出ていたとしても、印を集めるような存在ではない。宮崎騎手のコメントは正論であろう。

それでも競馬で勝ったことは賞賛されていい。ひょっとして勝ち方を忘れちゃったのではないか―――。そんな心配をされていたファンの方も、これでとりあえず一安心ではあるまいか。勝利は何よりの薬。チャンピオンズカップを回避してまで臨んだレースである。万一負けていたら、東京大賞典もおぼつかないところだった。

東京大賞典と合わせて気になるのが、NAR年度代表馬の行方。ダートグレードの勝利数を物差しにすれば道営のタイニーダンサーが2勝で一歩リードしているが、格でいえばGⅡの浦和記念が上だし、6馬身差で圧勝したユーロビートのマーキュリーカップも忘れがたい。なにせ年度代表馬を決めるのは人による投票。印象も大事なファクターになる。

ともあれハッピースプリントが東京大賞典を勝てば、文句はあるまい。昨秋の今頃は勝島王冠でよもやの5着に敗れた。クラシックの激戦で蓄積した疲労が抜けきっていなかったという。それでも次走の東京大賞典は4着。ローマンレジェンド、ワンダーアキュート、クリソライトといった面々に先着。それを思えば今年は期待が高まる。

地方馬が東京大賞典を勝てば2005年のアジュディミツオー以来10年ぶり。地元の大井所属としてはJRA交流となってから初の快挙となる。その瞬間をぜひ見てみたい。

 

***** 2015/12/03 *****

 

 

 

|

« 愛しの牛タン | トップページ | 競馬場のカラス »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 愛しの牛タン | トップページ | 競馬場のカラス »