« ラブリーデイの憂鬱 | トップページ | ハズレばかりの日 »

2015年11月 4日 (水)

【訃報】タガノジンガロ

JBCの3レースを前にカメラマンと話をした。

地方競馬の祭典なのだから、地方所属馬が馬券に絡んで欲しい。できれば2頭、いやせめて1頭でも構わない。その可能性があるとすればどの馬か―――?

そこでふたりの意見が一致したのである。

「タガノジンガロ」

Jingaro1_2 

いま振り返れば虫の知らせだったのかもしれない。

言わずと知れた兵庫現役最強馬。昨年の交流重賞かきつばた記念ではJRAのノーザンリバーやダノンカモンを退けて兵庫史上3頭目となるダートグレード制覇を成し遂げた同馬は、その後も積極的に各地の交流重賞を渡り歩いた。かきつばた記念優勝以後も、地方でのダートグレードに限れば、7着、3着、4着、3着、2着、5着と、掲示板を外したことは一度しかない。

前走の東京盃にしても初めての1200m戦のせいかゲートが決まらず、後方からの競馬を強いられた。それでも、直線だけで5着まで押し上げたのだから立派。今回は2度目の慣れが見込める上、1枠1番を引き当てた。スタートさえ決まればチャンスはある。

そしたらズバッとゲートを決めて、内目の3番手を進んで行くではないか。これは絶好のポジション。ひょっとしたら、やってくれるかもしれない。

大歓声と共に馬群が直線に向く。1番人気ダノンレジェンドにムチが飛ぶが、逃げるコーリンベリーの脚色は緩みそうもない。これはセーフティーリードか。JBCスプリントとしては初となる牝馬のチャンピオンが誕生した。

Sprint 

おや?と思ったのはその直後である。勝ち馬の後ろ姿を撮り終え、ファインダーから目を離したところで、ようやく目の前を後続の馬たちが駆け抜けていった。その中に、木村健騎手の勝負服を見つけたのである。

おかしい。あんなに負ける馬じゃない―――。

この日はGⅠ3連発のJBCデー。レース後のバックヤードは大騒ぎになる。勝ち馬のウイニングラン。口取り撮影。プレゼンターの斎藤工さんの登場。てんやわんやの表彰式が終わるのを見計らったように、JBCクラシックの出走各馬の本馬場入場である。祭りの喧噪のさ中に、タガノジンガロのことはすっかり頭から抜け落ちていた。

Jingaro2 

訃報を知ったのはずっと後のことだ。洗い場に戻ったタガノジンガロが急性心不全で死んだらしい、と。

馬については熱心に取材している方もいるし、私なぞより地元のファンの方のほうがずっと詳しいだろう。だからここであれこれ書くことは差し控えたい。ただ、ひとつ。書かずにいられないのは、オオエライジンに続いてまた大井で残念なことが起きてしまった。そのことである。

「また大井か」

きっと兵庫の方はそう思わずにはいられまい。ただ少なくとも、私とそのカメラマンはタガノジンガロを応援していた。どうか大井を忌み嫌うことだけは避けて欲しい。地元の最強馬を遠征先の客死で失う悲しみは知っているつもりである。昨年は選出されたJBCではなく京都のみやこSを選んだ陣営も、今年は―――右回りということもあっただろうが―――大井を選んでくれた。そのこと自体、感謝の気持ちでいっぱいなのである。

 

***** 2015/11/04 *****

 

 

 

|

« ラブリーデイの憂鬱 | トップページ | ハズレばかりの日 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ラブリーデイの憂鬱 | トップページ | ハズレばかりの日 »