« 百本ノックの果てに | トップページ | 母国に捧げる勝利 »

2015年11月13日 (金)

ゴボウの季節

先週日曜の銀嶺Sを勝ったのは4歳牝馬のアンズチャンだった。向こう上面では馬群から1頭だけ離れて最後方をポツンと追走。まがりなりにも1番人気であるから、スタンドがざわついたのは無理もない。ところが直線で大外に繰り出すや、前を行く15頭を瞬く間に差し切ってみせた。まさに絵に描いたようなゴボウ抜き。寒くなるにつれ、ゴボウが美味しい季節になってきた。

Anzuchan 

美味しいゴボウは、やはりゴボウ天で味わってみたい。そこで通院ついでに有楽町・交通会館の地下の『よかよか』に立ち寄ってみた。東京には数少ない博多うどんを出す店として隠れたファンは多い。カウンターのみの狭い店内は、13時過ぎだというのにほぼ満席であった。

Noren_2 

透き通ったダシに浮かぶうどんは、まさに「フワフワ」と表現するにぴったり。2年ほど前にこの店で食べた時は、フワフワよりもなお柔らか過ぎ、箸で持つそばからプツンプツンと切れて難儀したものだが、今回はそこまでの柔らかさはない。ひょっとしたら、東京人の好む食感に合わせて調整したのだろうか。

―――なんて考えるうち、背後から「麺ヤワで!」と注文する客の声が聞こえた。讃岐や武蔵野の固さに慣れきった私にはこれでも十分柔らかいのだが、本物の博多うどんを志向する本物の客は、この程度では物足りないのかもしれない。店のほうもきちんと対応しているようだ。こうした柔軟さが博多の懐の深さであろう。もちろんゴボウ天も美味い。

Yokayoka 

交通会館を一歩出て、有楽町駅を挟んだ反対側。もうひとつの有楽町のランドマーク「有楽町電気ビルヂング」の地下にもうどん屋さんが暖簾を掲げてる。その名も『本場讃岐うどん・たも屋』。本場を謳うだけあって、ひやかけ1杯270円とこの立地にしてはかなり安い。

Tamoya_2 

こちらのゴボウ天は大ぶりにカットされたゴボウが串揚げになっている。ツユに浸すとモロモロと衣が剥がれて、ゴボウだけがツルンと抜け出たりするから注意が必要だ。だが、その裸のゴボウを齧ると、これが驚くほど甘い。旬のゴボウならではか。ゴボウが美味しい季節にアンズチャンのゴボウ抜きにもさらに磨きをかけたい。キャリア15戦のうち13戦が東京ダート1400mというスペシャリスト。中1週ではあるが、次走は22日の霜月Sであろう。となれば、その日の昼メシは『むぎんぼう』のゴボウかき揚げ天うどんで決まりだな。

 

***** 2015/11/13 *****

 

 

 

|

« 百本ノックの果てに | トップページ | 母国に捧げる勝利 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 百本ノックの果てに | トップページ | 母国に捧げる勝利 »