« 名馬「池月」 | トップページ | ふるさとより »

2015年11月20日 (金)

初めての関西

マイルチャンピオンシップに出走予定のイスラボニータは通算13戦6勝。皐月賞優勝、ダービー2着といったキャリアを誇りながら、実は関西の競馬場で走ったことがない。今回のマイルチャンピオンシップでついに関西初見参を果たすこととなる。

Isu 

それを不安材料だと言うつもりはない。イスラボニータ自身、東日本大震災の影響で高速道路が使えない中、一般道を使って山元TCを往復していたというタフな経験を持つ。輸送に心配はない。新潟での好走実績もある。

ただ私が気になったのは、イスラボニータが昨年の「最優秀3歳牡馬」に選ばれたタイトルホースだということ。その走りを関西のファンは見ることができず、ずっと今日まで待っていた。ようやくのお目見えである。実はこの春に産経大阪杯の出走を予定していたものの、1週前になって左前球節に不安を発症。初の関西遠征は流れた。それから7か月半ぶりの仕切り直し。特に関西在住のイスラボニータをお持ちの会員さんにとっては、待ちに待った一戦であろう。

それにしても、関西に疎遠な有力馬が最近は目立つ。ショウナンパンドラのようにエリザベス女王杯ではなく天皇賞~JC路線を歩む牝馬がいると思えば、キタサンブラックのように関西馬でありながら関東ばかりで走り続け、初の地元出走となった菊花賞を勝ってしまうことも。果たしてレース体系に問題があるのか、あるいは関係者の好みのせいなのか。近年の凱旋門賞遠征ブームも、そんな傾向に拍車をかけているような気がしてならない。

Genuine 

イスラボニータにとっては初めての遠征競馬だが、1996年のマイルチャンピオンシップを勝ったジェニュインの例は励みになるのではないか。彼もまた皐月賞馬でありながらその後はGⅠをなかなか勝ち切れず、4歳11月にして初めてとなる関西遠征でふたつ目のGⅠタイトルを手にした。「黄、黒縦縞、袖青一本輪」の服色も同じ。偉大な先輩の通った道を突き進み、関西のファンにタイトルホースの走りをぞんぶんに披露してもらいたい。

 

***** 2015/11/20 *****

 

 

 

|

« 名馬「池月」 | トップページ | ふるさとより »

競馬」カテゴリの記事

コメント

勝って次は有馬出走。
有馬ではジェニュイン同様無印。

そこまでの青写真です。(笑)

投稿: tsuyoshi | 2015年11月22日 (日) 08時51分

1番人気ですね! 良い走りを期待してます!

投稿: 店主 | 2015年11月21日 (土) 18時41分

何を隠そうイスラボニータの単勝を買おうとしております。

私がもっとも美しい馬体だと思っていたジェニュイン。
イスラボニータも美しい馬体だと思っており、
皐月賞ではなく、そこらへんが私的にはかぶります。

今回は内枠を引いたのできっちり勝ってもらいます。

投稿: tsuyoshi | 2015年11月21日 (土) 10時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 名馬「池月」 | トップページ | ふるさとより »