« なるか掲示板独占 | トップページ | 馬も救ったイベルメクチン »

2015年10月 6日 (火)

どぎどぎうどん

池袋界隈にはうどんの美味しいお店が数多く出店しているのだが、私の生活圏と重ならないせいか、立ち寄ることがほとんどない。浦和競馬に行くにしても、渋谷で埼京線に乗って、わざわざ池袋で降りるのも……ねぇ。どうせなら、京浜東北線への乗り換え駅の赤羽でいったん改札を出て、うどんの名店『すみた』に行こう、ということになる。

それでも今回わざわざ池袋で降りたのは、北九州名物の「肉うどん」の店がオープンしたと聞いたから。その名も『元祖肉肉うどん』。福岡を中心に佐賀や札幌などに支店を展開しているチェーン店で、東京出店第1号となるこの東池袋店は、今年5月にオープンしたばかりだという。

Mise 

肉うどんは戦後の小倉を発祥として、その後北九州市や博多で進化を遂げてきた。甘辛く煮込んだ牛の頬肉をつゆに入れ、うどんと一緒にに煮る。真っ黒で肉の脂が浮かぶツユを、彼の地の方言で「どぎどぎ」(東京では「ぎとぎと」)していたことにちなんで、この名が付いたとされる。博多華丸氏が最後の晩餐のメニューをひとつ選ぶならと聞かれて、このどきどきうどんを選んだことから、東京でも数年前からじわじわ人気が出てきた。

Udon 

うどんは中細でツルツルした食感。インパクト抜群のツユは、一見濃厚に見えるが、おろしショウガが投入されていることで、さほどくどさは感じない。ちなみにこちらの店ではショウガの量を指定できるから、風邪気味の時などはショウガを増量すると良い。むろん二日酔いにも効く。

この店の面白いところは、長浜ラーメンばりに替え玉ができることだ。なので私もうどんをある程度やっつけてから、替え玉を注文。すると別皿で運ばれてきたのは、

Soba1 

なんとそば!

Soba2 

こちらのお店、「うどん」の名を掲げているが、そばでのオーダーも可能。なので替え玉も、うどん・そばの両方が選べる。両方食べたいが替え玉するのは面倒くさいという人は、最初からうどんとそばの両方が入ったメニューを頼めばよい。以前、高岡で遭遇した「ちゃんぽん」に、ここで再び相見えようとは思いもしなかった。

Chanpon 

店のオススメは、最後に白ごはんでツユをやっつける食べ方らしいが、私としてはできれば麺にこだわりたい。なので理想を言えば「うどん→そば→うどん」の継投だろうか。次回、浦和のついでに立ち寄ることがあればチャレンジしてみよう。

 

***** 2015/10/06 *****

 

 

 

|

« なるか掲示板独占 | トップページ | 馬も救ったイベルメクチン »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なるか掲示板独占 | トップページ | 馬も救ったイベルメクチン »