« じょんならん | トップページ | キタサンまつり »

2015年10月25日 (日)

価値あるひと鞍

事情があって11時には競馬場を出なければならない。見ることができるのは3レースまで。限られた時間の中で、菊花賞にも勝るような価値あるひと鞍を目撃したい。

1レースと2レースは2歳の未勝利戦。芝のマイル戦と2000m戦だから、ひょっとしたら来年のクラシック候補が勝ち上がる可能性だってなくはない。―――なんて、かすかな期待を抱きつつゲートは開いた。

1レースのマイル戦を勝ったのは2番人気のブルーオリエント。ワイルドラッシュ産駒の牝馬で、5戦目にして念願の初勝利を掴んだ。

1r 

2レースの2000m戦を勝ったのは1番人気のシュペルミエール。ゲートで大きく出遅れて最後方からの競馬となったが、3コーナー手前から徐々に進出を開始し、ゴール手前できっちり差し切った。ステイゴールド産駒の牡馬。

2r 

上位人気馬が勝つには勝った。だが、そのレースぶりに目を見張るものがあったかと言われると正直答えに窮する。両馬とも勝ち時計は平凡。シュペルミエールのゲート難は変わっていないし、ブルーオリエントは上がりに36秒4を要した。両レースの出走馬に1番人気の経験を持つ馬はゼロ。そういうレースを狙ってしっかり勝つのも大事だよな、と思いつつあらためて出馬表を眺めれば、ブルーオリエントは関西からの遠征馬だ。

なんとなくヘコんで迎えた3レースはダートマイルの新馬戦。好スタートから無理なく先行したストロングバローズが、直線に向いても後続を突き放す一方。持ったまま2着馬を4馬身突き放す楽勝劇を演じて見せた。

Strong 

猪熊オーナーと堀調教師のコンビで外国産馬。それが東京競馬場のダートを圧勝するシーンを見れば、ゴールデンバローズを連想せぬわけにはいかない。ゴールデンバローズはヒヤシンスSを圧勝し、UAEダービーで3着に健闘した。来月の武蔵野Sでも有力馬の一頭に数えられている。

ストロングバローズが、ゴールデンバローズを上回る能力の持ち主である可能性はじゅうぶんにある。ストロングバローズに騎乗したクリスチャン・デムーロ騎手が「直線では何もする必要がなかった」と振り返れば、2着に敗れた嘉藤貴行騎手は「勝った馬が強すぎる」と呆れた。ぜひとも来春のUAEダービーでゴールデンバローズのリベンジを果たし、今日のこのレースの価値を上げて欲しいところだ。

 

***** 2015/10/25 *****

 

 

 

|

« じょんならん | トップページ | キタサンまつり »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« じょんならん | トップページ | キタサンまつり »