« タマモクロスの子に乗ろう | トップページ | どぎどぎうどん »

2015年10月 5日 (月)

なるか掲示板独占

毎日王冠の登録メンバーが凄いと話題になっている。

登録13頭のうち、なんと10頭がディープインパクト産駒。残る3頭もそれぞれフジキセキ、ダンスインザダーク、アグネスタキオンの産駒だから、サンデーサイレンス直系の孫だけの重賞レースということになる。それにしてもディープインパクト産駒10頭はたしかに凄い。表彰台独占どころか。掲示板独占も狙えそうな状況だ。

同一種牡馬による1~3着独占は間々あるが、掲示板独占となるとなかなか例を見ない。私が知り得る限りでは、ちょうど半世紀前、1965年の有馬記念まで遡る。ご存じ、シンザンが「5冠」を達成して引退を飾った歴史的一戦は、1着から5着までを種牡馬ヒンドスタンの産駒が占めた。

【第10回有馬記念】中山 芝2600m 曇 稍重

1着 シンザン(松本善) 2分47秒2
2着 ミハルカス(加賀)
3着 ブルタカチホ(大崎)
4着 ハクズイコウ(保田)
5着 ヤマトキョウダイ(野平祐)

これより後に、JRA重賞での同一種牡馬による掲示板独占はない……はず。徹底的に調べたわけではないので、間違いはご容赦いただきたい。

だが、惜しいケースはあった。シンザンが勝ってから40年後の有馬記念。ディープインパンクとが初めての敗戦を喫したという意味では、こちらもやはり歴史的な一戦と言えなくもない。勝ったハーツクライ以下、ディープインパクト、リンカーン、そして5着のコイントスがサンデーサイレンスの産駒。残念ながら―――とも言い切れぬが―――コスモバルクが4着に割って入ったことで、サンデーサイレンスによる掲示板独占はならなかった。

Arima 

ちなみに今年のエプソムカップでも、5頭出走したディープインパクト産駒のうち4頭が掲示板に載るという出来事が起きている。今回の毎日王冠に出走するのは、エプソムカップの倍の10頭。これなら掲示板独占も夢ではあるまい。

Epsom 

しかしながら、ディープインパクト産駒が毎日王冠を勝ったことがない事実も忘れないでおきたい。昨年はスピルバーグが3着。3歳時に出走したリアルインパクトも2着に敗れた。一方で、ダンスインザダークなどは、この10年間で2頭の勝ち馬を送っている。スプリンターズSを勝ったフジキセキの勢いも侮れまい。

「ディープインパクト産駒が10頭も出走」。仮にそんな見出しが躍れば、どうしてもその10頭の中から勝ち馬を探そうとしてしまいがち。歴史的に人気サイドが強いとも言い切れぬレースでもある。こういう時こそ視野は広く持ちたい。

 

***** 2015/10/05 *****

 

 

 

|

« タマモクロスの子に乗ろう | トップページ | どぎどぎうどん »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タマモクロスの子に乗ろう | トップページ | どぎどぎうどん »