« 大人のエイシンヒカリ | トップページ | 第7回ジョッキーベイビーズ »

2015年10月13日 (火)

サウスポーの生きる道

一昨日のテレビ静岡賞を勝ったのは、スウェプトオーヴァーボード産駒のレッドファルクス。逃げ込みを図るノウレッジを余裕たっぷりに差し切った。

10r 

知る人ぞ知るサウスポーである。全5勝を左回りであげたからではない。そもそも左回りしか走らない。デビュー2戦目に一度だけ中山を走ったことがあるが、右回りの経験は生涯その一度きり。あとは徹底して東京、新潟、中京を渡り歩いている。

右回りのコーナーでは左トモ→右トモ→左前→右前の順に脚が地面につく。いわゆる右手前。この時に推進力を生み出すのは右トモである。レッドファルクスはこの右トモに若干の不安を抱えているようで、苦しくなった馬が勝手に左手前に変えてしまうのだという。馬は楽になるかもしれないが、それでは右回りのコーナーをスムースに回ることはできない。

エイシンヒカリは初めての左回りとなった昨年のアイルランドトロフィーで大きく外に膨れた。直線で右手前に変えた途端、右へ右へと進んでしまったのである。あのインパクトがあまりに強く、左回りが不安視された時期もあったが、エプソムカップと毎日王冠を逃げ切って不安は解消しただろうか。なんだかんだ今のところ唯一の敗戦は右回りの阪神である。

レッドファルクスもエイシンヒカリも右手前の走法に難があるのに、苦手とされる回りが異なるのが興味深い。新潟は得意でも、東京ではさっぱりという馬もいる。「右回り得意」「典型的なサウスポー」。そう言われる馬たちがいるのは事実だが、その理由は単にコーナーリングの問題に留まらない。馬場の特徴、滞在競馬か当日輸送か、気候の問題もある。それを人間の「右利き」「左利き」に喩えるのは無理があろう。だからJRAのハンデキャッパーは、回りの得手不得手そのものをハンデに加味することはしない。

準オープンを連勝してオープン入りを果たしたレッドファルクスの最大目標は、この春に出走を目指しながらも除外された高松宮記念とされる。来年も同じ憂き目に遭うのだけは避けたいところ。左回りだけのローテーションで首尾よく賞金を加算できるだろうか。陣営のレース選択にも注目していきたい。

 

***** 2015/10/13 *****

 

 

 

|

« 大人のエイシンヒカリ | トップページ | 第7回ジョッキーベイビーズ »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大人のエイシンヒカリ | トップページ | 第7回ジョッキーベイビーズ »