« サバで大当たり? | トップページ | 牝馬のオールカマー »

2015年9月25日 (金)

眠り

せっかくの休みだというのに東京は朝から冷たい雨が降っている。

今日の浦和1R・新馬戦に出走するフェイムダンサーが、以前から気になっていた。ぼちぼち散髪にも行かねばならない。だが、朝起きてカーテンを開けた途端に外に出るのが億劫になった。レースはネット中継で十分。髪だってひと晩で5センチ伸びるわけでもない。それで今日は一日寝て過ごすことに決めた。

ここのところ睡眠のことばかり考えている。端的に言えば寝不足なのである。正確に言えば、寝不足だと思っている自分がいるのである。

昔は睡眠時間なんて気にしなかった。なのに最近では「昨日は3時間しか寝られなかったから、今日は4時間余計に眠って取り戻そう」などと考えてしまう。それでも睡眠時間の“借金”は膨らむ一方。なぜか。眠ろう眠ろうと焦るあまり、眠ることができないのである。

「眠れない」と嘆くのは、人は眠れて当然だと思えばこそであろう。戦争になると特定の病気が減ると何かで読んだ。“増える”の誤りではない。その病気とは、胃潰瘍とか自律神経失調症の類だったと思う。おそらく不眠症もそこに含まれるはずだ。

競走馬が胃潰瘍になる話はよく知られている。その原因は「苛酷なトレーニングによるストレス」と一括りにされることが多いが、実は動物園に飼われている動物もしばしば胃潰瘍になるらしい。動物園でどのような「過酷なトレーニング」が行われているのか。そんなはずはないから、原因を他に考えてみる。そこで前述の「戦争で胃潰瘍が減る」の話を思い出した。緊張感のない環境に置かれて変調をきたすのは、何も人間に限った話ではあるまい。私が寝不足を感じるのも、私の周囲が平和であることの裏付け。ならば悪い話でもない。

Sleep 

馬は立ったまま眠ることができる。ベテランになれば馬せん棒を枕がわりに眠るなんてこともザラ。人間だって、どうしようもない状況に陥れば寸暇を惜しんで眠る術を備えているはず。寝不足を過度に心配することはあるまい。そうは思うのだが、結局今日も深い眠りを得るには至らなかった。

ちなみに、浦和のフェイムダンサーは2着。あれだけゲートで待たされては、気の毒と言うしかない。気難しいお局様のわがままに屈してしまった感じ。アニマルキングダムの近親だけに、距離を伸ばしての仕切り直しに注目したいが、それにしても眠いですね。

 

***** 2015/09/25 *****

 

 

 

|

« サバで大当たり? | トップページ | 牝馬のオールカマー »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サバで大当たり? | トップページ | 牝馬のオールカマー »