« ドレスコード | トップページ | デビュー56日目の快挙 »

2015年9月17日 (木)

三者三様の東京記念

戸塚記念に続き、南関東の重賞は今週も雨に祟られた。大井競馬場の馬場状態は稍重。まもなく東京記念の発走を迎える。

衆目一致の中心馬は、このレースの連覇がかかるユーロビート。前走のマーキュリーCでは向こう正面から強気に捲って出て、早目に先頭に立つ苦しい展開ながらJRA勢相手に6馬身差圧勝だから、ケチの付けようがない。懸念材料は今回初めて背負う59キロであろう。ちなみに58キロで走ったことは4度あり、最高着順は3着が1回あるのみ。それでも単勝オッズ2.1倍の1番人気に押されている。

06 

2番人気のタイムズアローは、ユーロビートが勝ったマーキュリーCで4着の実績。追い切りではノットオーソリティーを煽って絶好調ぶりをアピールしてみせたが、こちらはこちらでレース中に手前を替えないという不安を抱えているらしい。

一昨年のこのレースの覇者プレティオラスは放牧明け。大井の長距離重賞ではまず崩れない安定感を誇るが、厩舎によればひと叩きするはずのレースを使えなかったことで、いくぶん急仕上げでここに臨まざるを得なくなったとのこと。58キロも気になる。3番人気。

人気上位馬が、それぞれ自信と不安を抱えて臨んだ大井の2400m戦だが、蓋を開けてみれば3番人気プレティオラスの完勝だった。直線で先頭に立ったユーロビートを、ゴール前100mあたりで内から差し切る完璧なレース内容。3年前のダービー馬は、これが4つ目の重賞タイトルとなる。

Pretioras 

上がり37秒4。傍から見ていても、他馬が止まって見えるほどの脚色だったのだから、乗っている本人はさぞかし痛快だったに違いない。戻ってきた本橋孝太騎手は開口一番「気持ちイイ。チョー気持ちイイ!」と繰り返した。次走は明言されなかったが、急仕上げと58キロをものともしないレースぶりを見れば、外野の期待は俄然高まる。JRA勢相手でもと思わずにいられない。

Motohashi 

ユーロビートは、59キロという斤量に加え“人気”も背負ってしまった以上、あのような正攻法で臨むしかなかった。2着は仕方ない。むしろ良く走っている。一方のタイムズアローは、やはり手前を替えようとしなかった。どうやってこれを調教で改善してくるのか。今後の鍵となろう。

 

***** 2015/09/17 *****

 

 

 

|

« ドレスコード | トップページ | デビュー56日目の快挙 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドレスコード | トップページ | デビュー56日目の快挙 »