« 半世紀の節目 | トップページ | 新潟のうどん »

2015年9月 4日 (金)

夏の終わりの宴

ヘンテコな穴子天うどんを食べてからというもの、食事の店選びも軸馬選びもことごとく失敗が続くので、今週は外で飯を食べたり馬券を買ったりするのは控えようと思ったのに、今夜の競馬絡みの飲み会のお店選びを任されてしまった。なんと畏れを知らぬ人たちであろうか。今の私は、あらゆる選択においてミスチョイスを犯してしまう可能性が極めて高いというのに……。

困った、困ったと考えながら開催2日目の川崎競馬場に向かう途中で、ふと思いついた。そうだあそこに寄って、穴子の呪いを解いておこう。

そう、『麺一滴』ですね。

Itteki 

こちらの天ぷらのタネは仕入状況によって変わるのだが、果たして今日は穴子は入っているだろうか……?

Menu 

おおっ!?

Anago1 

やりました! これはツイている。

Anago2 

いやぁ。待ち焦がれていたせいもあるけど、やはりこの店の天ぷらは美味い。サクッと噛みきれる衣はとことんカラッと揚がっていながら、その身はふわりと柔らかい。さすが江戸前。これで穴子の呪いも解けたはず。しかもその勢いのまま川崎1レースに挑むと

Kawasaki 

なんと的中! 穴子の呪いは解けたに違いない。全快宣言出させていただきます。

Baken 

ちなみに勝ったヒーリング(父:バトルプラン)は、前走の新馬戦が7頭立て7番人気で7着という成績だったのが、ここでは一転完勝。それで大穴かというと、そうでもない。地方では番組編成の都合でこういうことがよく起きます。

気を良くして銀座へ。

Sizuku_2 

メンバーはそれぞれ社台の会員さんたち。夏競馬が終わるこの時期は、馬を持つ人にとってある意味節目である。首尾よく未勝利を勝ち上がった人もいれば、ついに勝ちあがれず愛馬の引退に直面している人もいる。悲喜こもごもの1年を振り返り、間もなく迎える2歳馬たちのデビューに思いを馳せつつ盃を酌み交わした。ちなみに私のオシャレバンチョウも引退が決定したばかり。個人的には通算27戦3勝の成績を残した彼に、今宵の一盃を捧げたい。

穴子の呪いが解けたせいか、いい宴会になった。皆さん、お疲れ様でした。

 

***** 2015/09/04 *****

 

 

 

|

« 半世紀の節目 | トップページ | 新潟のうどん »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 半世紀の節目 | トップページ | 新潟のうどん »