« 8か月ぶりの | トップページ | 消えた高速馬場 »

2015年9月14日 (月)

幻の東府中ラーメン

東京競馬場フジビュースタンド西側1Fに店を構えるラーメン店『西海』の経営母体は、鳥そばでお馴染みの『馬そば深大寺』と同じ。だが、最近は食べる機会がほとんどない。好んでラーメンを食べるタチではない上、トシのせいか豚骨スープが堪えるようになってきたせいもある。

Keibajo 

それでもある日突然スイッチが入ったかのように豚骨ラーメンが食べたくなるから不思議ですね。今日も突然そんなスイッチが入ってしまった。府中界隈にはラーメンの人気店が山ほどあるけど、どうせなら『西海』にしよう。でも競馬場のお店は営業していない。それで東府中の『西海』に入ってみることに。この店舗には「東府中ラーメン」というオリジナルメニューがあると聞いたことがある。ぜひともそれを食べてみたい。

Higashi 

んで、「東府中ラーメンを……」と注文しかけたら、

「ああ、今やってないんですよ。ごめんなさい」

がびーんcoldsweats02

ご当地ラーメンが巷に溢れかえる昨今だが、名前に使われるのは県名や市名が一般的。唯一の例外は「長浜ラーメン」であろうが、それでも町域名が使われているのだからまだ許せる。「東府中」は市名でなければ町域名でもない。単なる駅名をラーメンの名前に冠するセンス。それを一口食べて実感してみたかった。聞いたところによれば、ラーメンの上に大きな鶏のから揚げと、千切りにしたキャベツが載っているラーメンだったという。ちなみに、東府中はから揚げやキャベツに特別のゆかりのある土地ではない。

ご当地を名乗るメニューには、その土地にゆかりのあるものや、歴史的にその土地が育んできたものを活かすべきだ―――。そういうポリシーをお持ちの方は多いと思う。私もそれを否定するものではない。だが一方で、それに固執するばかりに、ちょっとおかしなご当地ラーメンが乱立する昨今の風潮には違和感を感じている。そもそも「ラーメン」という言葉が日本に定着してから、まだ50年ちょっとしか経っていない。歴史や因習にとらわれない自由さこそが、ラーメンがこれだけ日本国民に広く愛されるようになった要因ではあるまいか。

Ramen 

―――なんてエラそうなことを言いいつつ、普通に「西海ラーメン」を食べた。椿油を練り込んだちょいと太目の麺は美味しかったです。それにしても、先日の『平次のおうどん』に続き、2週連続でこの町に来て目当てのものにありつけていない。東府中がちょいと鬼門になりつつある。

 

***** 2015/09/14 *****

 

 

 

|

« 8か月ぶりの | トップページ | 消えた高速馬場 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

「梅屋」さんですかね? いずれにせよ、朝からとんこつラーメンは辛い年頃ですcoldsweats01 10年前は佐賀や小倉に行くのに、朝イチの飛行機で福岡入りして、まず真っ先に「長浜家」に向かっていたのですが……noodle

投稿: 店主 | 2015年9月15日 (火) 21時07分

え!あの20号沿いにある越後そば弥彦、高尾山のビアマウントも同じグループ!!!!

そして都内近郊の焼き団子を供給している会社とは
焼き団子は何処で食べても同じなんですね。(笑)

投稿: tsuyoshi | 2015年9月15日 (火) 16時42分

5年以上前でしょうか。
JCの公開調教を東京競馬場に見に行った時、
場内の何処か開いている蕎麦屋で蕎麦でもと思っていたのに、
飲食店が西海しか開いておらず、
オイオイこんな朝からとんこつラーメンかよと思いました。

経営母体が同じでも、早朝、4F・内馬場の深大寺は
開けれないか〜。

昔は、公開調教時、何処かの蕎麦屋開いてた気がするんですけどね〜。

投稿: tsuyoshi | 2015年9月15日 (火) 16時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 8か月ぶりの | トップページ | 消えた高速馬場 »