« 【太麺礼讃②】いずみ食堂@門別 | トップページ | 2頭のトップマイラー »

2015年7月 5日 (日)

午後のスタリオン

日高界隈では夏空の下で当歳馬たちが遊んでいる。

Kouma 

そんな昼下がり空気を味わっているこちらの馬は……、

Illhave 

2012年の米2冠馬・アイルハヴアナザー。今年はアメリカンファラオが37年ぶりに米3冠馬となったわけだが、ひょっとしたらその3年前にこの馬が3冠馬となっていたかもしれない。なにせ突然の引退発表は、34年ぶりの3冠がかかったベルモントSの前日だった。

2010年のキーンランドセプテンバー1歳せールで、1万1千ドルでピンフックされた同馬は、翌年のOBS社スプリング2歳トレーニングセールで3万5千ドルで購買され、3歳6月の電撃引退までに270万ドルを稼ぎ出し、1千万ドルというトレードマネーで日本に輸入された。わずか2年足らずで評価額が千倍にも膨れ上がったのだから凄い。これぞアメリカンドリームという気さえする。

父Flower AlleyはトラヴァーズSの勝ち馬。日本のファンには馴染みが薄いかもしれないが、マイルチャンピオンシップ勝ちのトーセンラーや、昨年の天皇賞・秋を勝ったスピルバーグの半兄と書けば、途端に親近感が湧いてくる。

Ill

初年度は152頭の繁殖牝馬を集め、その産駒は今年1歳となった。中にはアイアムアクトレスやラヴァリーフリッグといった重賞勝ち牝馬も含まれる。競走馬デビューは来年。楽しみである一方で、「生産」というサイクルの長さを思う。当の馬はそんなこと気にも留めていないようだけど。

 

***** 2015/07/05 *****

 

 

 

|

« 【太麺礼讃②】いずみ食堂@門別 | トップページ | 2頭のトップマイラー »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【太麺礼讃②】いずみ食堂@門別 | トップページ | 2頭のトップマイラー »