« 老眼 | トップページ | 骨折 »

2015年6月26日 (金)

2歳能験の朝

開催最終日の大井の朝は、例によって能験が行われている。今朝も36頭の2歳馬が「競走馬」となるべく800mのタイムトライアルに挑み、見事全馬が合格を果たした。

第1組はエイシンリオがいきなり今日の一番時計となる50秒8で1着。ロージズインメイの牝馬で、近親にはエイシンキャメロンがいる。

1r 

続く2組の1着は、シニスターミニスターの牝馬・コーゲンスイセイが先頭ゴール。お母さんのユニティは、南関東5勝で、交流重賞エーデルワイス賞でも3着の実績がある。タイムは52秒2。

2r 

第3組は、ナイトスピリッツが大外からただ一頭次元の違う脚を繰り出した。アドマイヤコジーンの牡馬で、500キロを超える馬体をもて余している印象もない。持ったまま50秒7だから、新馬戦が楽しみだ。

3r 

4組目を勝ったフジマサキングは、先日の千葉サラブレッドセールで唯一上場された千葉県産馬。こうしてすぐに使い出せることが、トレーニングセール最大のウリであろう。走破タイムは51秒5。今年の千葉セリ上場馬の一番星を狙いたい。

4r 

第5組はフジマサドリームとマーズプリンスの2頭が、揃って50秒8でゴール。マーズプリンスの父サクラオリオンとは珍しい。

5r 

2歳能験のラストとなる6組目を勝ったのは、第1組に続いてまたまたロージズインメイの牝馬・ロージズレイ。お母さんは地方所属ながらTCK女王盃やエンプレス杯で3着したコスモプリズム。……ということは、本馬は一昨日の帝王賞を勝ったホッコータルマエのイトコではないか。大外枠を苦にする素振りも見せず、スッとスピードに乗ると、そのまま難なく押し切走り勝ち。そのセンスとスピードに非凡なものを感じた。

6r 

ちなみに今朝の能験には川崎から杉村一樹騎手も参加……?

Majima 

と思ったら、こちらは真島大輔騎手でした。吉田照哉氏の名義馬が能験を受ける際は、こうして吉田照哉氏の登録勝負服を着る。いやぁ、目立ちますね。こちらは矢野貴之騎手。この馬でJRAに挑戦すれば、本来の使い方で着用できる。頑張って欲しい。

Yano 

 

***** 2015/06/26 *****

 

 

 

|

« 老眼 | トップページ | 骨折 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 老眼 | トップページ | 骨折 »