« 小島太厩舎、絶好調 | トップページ | ハナミズキ »

2015年4月29日 (水)

ベストパートナー

日曜は京都で天皇賞だが、裏番組の東京ではオークス指定オープン(なんて呼び方は古いか?)のスイートピーSが行われる。昨年5着は秋に秋華賞を勝つことになるショウナンパンドラ。ディアデラマドレも一昨年のこのレースでは9着に敗れている。敗戦の中にも垣間見えるキラリと光る瞬間を見逃さないようにしたい。

Cosmo1 

上の写真は2002年のこのレースの覇者・オースミコスモ。スタートでやや後手を踏んだものの、道中は慌てず騒がず。スムースに流れに乗って1番人気に応えてみせた。

Cosmo2_3 

オースミコスモと言えば常石勝義騎手を思い出すという方も多いのではないか。オースミコスモとのコンビで通算5勝のベストパートナーである。「強い競馬でこの馬の力を示せたのがうれしい」。レース後のインタビューでは、そんな言葉を発していたように思う。きっと、2番人気ながら11着に敗れた桜花賞がよほど悔しかったに違いない。

Cosmo3 

16歳になったオースミコスモは繁殖牝馬として今も元気に暮らしている。写真は昨年産んだキングズベストの牝馬とオースミコスモ。今年はバゴの子をつい先日出産したばかり。牡だという。重賞を3つも勝った名牝としては、そろそろ大物の出現を期待したい。JRAの勝ち馬すらまだ出ていない現状には、東京パラリンピック出場を目指して頑張る常石さんも、きっとやきもきしていることだろう。

 

***** 2015/04/29 *****

 

 

 

|

« 小島太厩舎、絶好調 | トップページ | ハナミズキ »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小島太厩舎、絶好調 | トップページ | ハナミズキ »