« ネーミングセンス | トップページ | 鎌倉にて »

2015年4月24日 (金)

東京プリンセス賞の思惑

「船橋に一頭強い馬がいるので、負けないよう頑張ります」

先月浦和で行われた桜花賞を管理馬ララベルで勝った直後、東京プリンセス賞への意気込みを問われた荒山調教師のコメントは―――“泣きの荒山”の異名を取る師の発言にしても―――意外なものだった。牝馬2冠に留まらず、牡馬相手の東京ダービーという言葉も飛び出すと思っていたのである。

NAR最優秀2歳牝馬に選ばれ、クラシック1冠目をも手にした関係者をして「強い」と認める一頭が、ついにララベルと対決する東京プリンセス賞の日がやってきた。その一頭というのが船橋・川島厩舎のジェットシティ。前日までなんと桜花賞馬を差し置いて前売り1番人気に推されていたのだから驚く。それだけファンもこの馬の潜在能力を認めているということであろう。

Jet 

賞金が足りず2月のユングフラウ賞を断念せざるを得なかったジェットシティは、やむなく自己条件に出走。2着以下を8馬身も離して圧勝する。そのとき手綱を取った御神本訓史騎手が、彼女の素質を絶賛した。それで陣営は牡馬相手の京浜盃に進もうとしたほど。だが、やはり賞金が足りず京浜盃挑戦はも実現しなかった。それでも、東京プリンセス賞の次は東京ダービーを展望しているとも聞く。そのためにはここを勝って賞金を加算し、除外続きの連鎖を断ち切らねばなるまい。

Ts 

しかし勝ったのは7番人気の伏兵・ティーズアライズだった。早め先頭に立って、後続の追撃を凌ぎ切るという強い勝ちっぷり。思えば昨夏の道営重賞・栄冠賞では、オウマタイムらをまるで相手にしなかった実績の持ち主である。勝ち時計も羽田盃より早い。調教師の口からは「右回りの方が良いので……」とダービーを匂わせる発言も出た。一方、4着に敗れたジェットシティだが、ダービーに出走するには賞金が足りない。関東オークスに目標を切り替えるという。

Lala 

それ以上にショックなのは、最終的に1.7倍の圧倒的支持を集めながら敗れたララベルであろう。2着ならまだしも、最後はスターローズにまで差されて3着。牝馬2冠はならなかった。騎手は「道中揉まれたので…」と言い残したが、フルゲートの激戦で1番人気馬がマークされるのは当然のこと。管理する荒山調教師も、レース前から不安ばかりを口にしていた。これでは勝てるものも勝てない。次走は東京ダービーとのこと。数少ない大井生え抜きの有力馬として期待したい。

 

***** 2015/04/24 *****

 

 

 

|

« ネーミングセンス | トップページ | 鎌倉にて »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネーミングセンス | トップページ | 鎌倉にて »