« エスパシオ*山吹賞 | トップページ | チェックメイト*ダービー卿CT »

2015年4月 2日 (木)

花見と競馬

都心に用事があったついでに、靖国神社を訪れてみた。

Yasu 

境内に「開花宣言」の基準木を抱える神社である。東京随一の桜の名所となっているだけあって、満開を過ぎた今もさすがの人出。週末も混雑必至であろう。

実は、靖国神社の桜は競馬と深い結びつきを持っている。

日本で最初に競馬が開催されたのが横浜・根岸であることは誰もが知るところだが、それはあくまでも居留外国人の手によって行われていた競馬に過ぎない。日本人の手によって開催された競馬という意味では、この靖国神社で行われた「招魂社競馬」がその嚆矢となる。

参道の両脇に柵を巡らし、その端を結ぶ楕円形の一周900mの競馬場が作られたその時に、元勲・木戸孝允の命によりコースの外周をぐるりと取り囲むようにソメイヨシノの木が植えられた。開催は春と秋の例大祭に合わせた年二回。春競馬は満開の桜の下で行われていたという。

間もなく競馬場は姿を消してしまい、今ではその痕跡さえも伺い知ることができないが、唯一桜の並木だけが境内に残された。靖国神社を訪れる花見客は、実は競馬場の名残を楽しんでいるのである。

Sakura2 

当時の競馬場は花見会やサーカスなども行われる総合アミューズメント施設であった。靖国神社に続いて設営された上野・不忍池競馬場にも、やはり同じようにソメイヨシノが植えられている。東京でも一、二を争う桜の名所が、実は競馬場の名残だったというのはなかなか興味深い。

Sakura3 

そして現在においても競馬場や馬事公苑、あるいは静内や浦河の桜並木など、馬のいるところには必ずと言っていいほど桜がある。花見云々はさておくとしても、これは日本人の美的感覚の為せる業ではあるまいか。それくらい馬のいる風景には桜が良く似合っていると思うのである。

 

***** 2015/04/02 *****

 

 

 

|

« エスパシオ*山吹賞 | トップページ | チェックメイト*ダービー卿CT »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エスパシオ*山吹賞 | トップページ | チェックメイト*ダービー卿CT »