« エルコンドルパサー*NZT4歳S | トップページ | 作り置きの後ろめたさ »

2015年4月 9日 (木)

エイシンプレストン*NZT4歳S

2000年までの「ニュージーランドトロフィー」は、正式には「ニュージーランドトロフィー4歳ステークス」が正式名称だった。20文字は長い。だから「NZT4歳S」と簡略化されて表記されることが多かったのも頷ける。

ところが、01年の馬齢表記変更に伴い「4歳ステークス」の部分が消えたことで、「NZT」となってしまった。競馬を知らぬ人が「NZT」と聞いて、これをレース名だと想像出来るだろうか。どこかのご当地アイドルグループと勘違いされるかもしれない。

ともあれ、2000年のこのレースは「NZT4歳S」として行われた最後のレース。東京から中山に移った最初の年だった。

Nzt2000 

このレースが注目を集めたのは、芝とダートの3歳チャンピオン同士の対決が実現したせいもある。朝日杯を勝ったエイシンプレストンと、全日本3歳優駿の覇者・アグネスデジタル。軍配はエイシンプレストンに上がった。

日本国内のみならず、のちに香港でも大活躍することになる同期2頭の直接対決は都合7度。圧巻は香港・クイーンエリザベス2世カップのワンツーフィニッシュで異論はあるまい。2頭のライバル物語は、このNZT4歳Sから始まったのである。

 

***** 2015/04/09 *****

 

 

 

|

« エルコンドルパサー*NZT4歳S | トップページ | 作り置きの後ろめたさ »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エルコンドルパサー*NZT4歳S | トップページ | 作り置きの後ろめたさ »