« 被災地・船橋 | トップページ | 武蔵野線の読書 »

2015年3月12日 (木)

ストレスを食べ尽くせ

最近、土日ならびに水曜に身動きが取れない日々が続いている。南関東に住まう競馬ファンとしては、致命的と言わざるを得まい。昨日もダイオライト記念を見ることができなかった。

発走時刻をあと10分早くしてくれれば……。どれだけそう思ったことか。発走が16時20分では「駅すぱあと」をどれだけ駆使したところで、次の予定に間に合わないのである。ちなみにホクトベガが勝った1996年は16時10分の発走だった。

Vega 

そんなことをクヨクヨ考えていると、生きる希望を失ってしまうので(大袈裟)、勢い食い道楽に走ることとなる。満たされぬ欲求を別の欲に置き換えて満たすことができるのは私の特技。競馬欲の欠乏は食欲で満たせばよい。

フラフラとやってきたのはラゾーナ川崎プラザ。ここの4Fにある『あんぷく』は、つるとんたん的な創作うどんで人気を集めているという。

Kakuni 

オーダーしたのは「豚角煮と煮玉子のゴマだれつけうどん(温)」。いかにも濃厚そうなそのつけ汁は、意外やサラッと軽めで、しょっぱさよりはゴマの味が際立つ。だが、湯だめのうどんに合せるなら、見た目相当の濃さでも良いかもしれない。期待したほど絡まないのである。冷たい盛りうどんでもオーダーできるらしいから、次はそれを試してみよう。

Umagena1 

この程度ではダイオライト記念を逃したストレスはとても埋まらないので、そのまま1Fに移動。創作うどんの直後ゆえ、次は正統派のうどんが食べたい。フードコート内に店を構える『うまげな』は、あの「はなまるうどん」が手掛けるお店である。冷たいぶっかけを注文し、丼を受け取り、390円を支払って、カウンター席に移動し、ぞぞぞーっと完食したのち、丼を下膳口に置いて店を出た。この間1分もかかっていまい。

Umagena2 

うどんの良さのひとつはこのスピード感。分単位の勝負に屈してダイオライト記念を断念した翌日だけに、少しばかり溜飲を下げた思いがする。それにしてもこんな状態が続けば太ってしかたないゾ。

 

***** 2015/03/12 *****

 

 

 

|

« 被災地・船橋 | トップページ | 武蔵野線の読書 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 被災地・船橋 | トップページ | 武蔵野線の読書 »