« 馬券は大人になってから | トップページ | シーザリオ*フラワーC »

2015年3月19日 (木)

馬時間

昨夜の話。

トゥインクル開催の幕開けを告げる京浜盃は、南関東牡馬クラシック戦線の最重要ステップレース。ここを勝って羽田盃や東京ダービーを制した馬は数知れぬ。鎌倉記念、平和賞、ハイセイコー記念、兵庫ジュニアグランプリ、ニューイヤーカップの各優勝馬ならびに全日本2歳優駿の地方最先着馬が大井に集結した。舞台はスピードと底力を問われる1700m。クラシック直前のこの時季に、力関係を計るには申し分ない。

Ouma2 

とはいえ、これほど極端な結果が出るとは思っていた人が果たしてどれほどいただろうか。勝ったのはオウマタイム。タイムパラドックスの産駒で、重賞は鎌倉記念に続いて2勝目。いや、そんなことはどうでもいい。驚くべきは2着馬につけたその着差。なんと8馬身である。かつてはシーチャリオットやパンタレイが5馬身、ベルモントストームが6馬身の差をつけて京浜盃を勝ったという記憶はあるが、8馬身となると当方さすがに覚えがない。

とはいえ優勝馬は「馬時間」ことオウマタイムである。派手な着差には目を奪われがちだが、タイムもそれなりに気にしていきたい。

Ouma 

スタート後、掛かり気味に3番手につけたオウマタイムは、鞍上が必死になだめながら向こう正面へ進んだ。「遅いのか?」と思いながら時計を見れば1000mの通過は61~62秒。遅くはないし、かといって速くもない。すると左海騎手も抑えるのを諦めたのか、3角手前から早くも先頭に立つと、ぐんぐん後方を離して直線を向いたではないか。

「これはゴール前でバッタリ止まるぞ!」

「追い込みに気を付けろ」

カメラマンに緊張が走る。

だが、いつまでたっても後続との差は縮まることがない。結果8馬身差圧勝である。おかげで撮影は至極ラクだった。だが、ラストの3ハロンのラップを聞けば12.7-12.4-13.6。やはり最後はパッタリ止まっているのである。

ラスト1ハロンの時計は、京浜盃が3月に行われるようになった2004年以降でもっとも遅い。そもそも13秒を要したことすら一度しかなかった。羽田盃1800m、東京ダービー2000m。これから距離が伸びて果たしてどうか。父がタイムパラドックスであるから血統的にはなんら心配はないのだが、「タイム」と名のつく一頭だけに、そのあたりが気になって仕方ない。

 

***** 2015/03/19 *****

 

 

 

|

« 馬券は大人になってから | トップページ | シーザリオ*フラワーC »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 馬券は大人になってから | トップページ | シーザリオ*フラワーC »