« 選択肢 | トップページ | ペリエ騎手の挑戦 »

2015年3月15日 (日)

老人の小言

「TCK ELDER CLUB」をご存じだろうか。

人生の先達として円熟の境地を迎えたシニアの競馬ファンに向けて用意された、大井競馬場の有料制会員クラブである。年会費2万円。それで様々な特典が受けられるらしい。

「らしい」と書いたのは、自分とは無関係のサービスだと思っていたから。だって私は「先達」とか「円熟」などの境地にはいないし、そも「エルダー」というのは「年配者」という意味である。それに比べれば私などまだまだ子供みたいなもの。そう思っていたら、このクラブの入会対象年齢を、既に自分が満たしていることを知った。ショックである。私は年配者だったのだ。となれば、明日から馬券を購入する際にはライトカードを使用せねばまるまい。

Card 

日本の競馬は大丈夫か―――?

20年前はそんなことは考えもしなかった。だが、今ではそんなことばかり考えている。ブログに書くことも小言のようなことばかり。それが歳をとったということなのかもしれない。

昔と違う! 変化に対応できない自分を棚に上げて、それを競馬界のせいする。それで「日本の競馬は危ない」などと書くのだから始末に負えない。危ないのは競馬ではなく、実は自分だったりする。

最近は夜が早くなった。これも歳をとった証であろう。なのに明日から大井はナイター開催がスタートする。かつて大井のトゥインクルレースといえば「夏の風物詩」だったはず。それが桜も咲かぬうちに始まるという。ちょっと早くないか。寒いし、眠い。それでまた文句になる。年寄りの小言は止まらない。

Ooi 

リタイアしたら平日の昼間っから競馬場に通うのを楽しみにしていた。が、その人生設計には若干の変更を余儀なくされそうな気配である。なにせ、船橋でさえナイター開催に踏み切る時代だ。そうなったら、浦和開催のない平日の昼間は、いったい何をして過ごせばよいのか。誰であれ、いずれは必ず老人になる。つまるところ人生とは、実は上手に歳をとる努力をすることに尽きるのかもしれない。

 

◆TCK ELDER CLUB は来期会員を募集中◆

東京シティ競馬オフィシャルサイト
http://www.tokyocitykeiba.com/news/19754

 

***** 2015/03/15 *****

 

 

 

|

« 選択肢 | トップページ | ペリエ騎手の挑戦 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

この中山開催はなかなか行けなくて困っているのですがsad、こうなったら平日でも東中山に行ってラーメン味わってきますwink

投稿: 店主 | 2015年3月16日 (月) 10時46分

東中山に1日からオープンしたラーメン屋さんをお知らせします。店名は、「とものもと」で、鶏青湯醤油一本のお店です。鶏の旨味が凝縮されたスープで、万人に好かれる醤油ラーメンです。チャーシュー、穂先メンマ、ホンビノス貝と白髪ねぎが添えてあります。是非お出かけ下さいhappy01

投稿: ギムレット | 2015年3月16日 (月) 01時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 選択肢 | トップページ | ペリエ騎手の挑戦 »