« 想像の枠を超える馬 | トップページ | JRA騎手ミルコ・デムーロ »

2015年2月11日 (水)

春の陽気に誘われて

気温10度、南寄りの風と快晴の日差しに恵まれた船橋競馬場に、報知グランプリカップの出走馬が姿を現した。

Funa 

人気はトーセンアレス、サーモピレー、そしてトーセンアドミラルの順。だが、春を思わせる陽気に身を置けば、「開花予想」が気になってくるのが日本人の性(さが)というものであろう。

Kaika 

買ってしまった……。単勝35倍の8番人気なら100円でじゅうぶん。

Baken 

レースはトーセンアドミラルの逃げをサーモピレーとトーセンアレスが追う展開。人気馬の先行でぺースはよどみない。最後方に控えたカイカヨソウにとっては好都合。シメシメとほくそ笑む。

だが、直線に向くと、大外に持ち出したバトードールの末脚爆発。一度は先頭に立ったトーセンアレスをゴール寸前で捕え、8歳にして嬉しい重賞初勝利を果たした。

Konno 

重賞のゴールで今野忠成騎手を撮るのは久しぶり。一昨年の暮れに大きな落馬をした影響で、昨年は13年ぶりに年間百勝を達成できず、重賞も未勝利に終わった。だが、決してその手綱さばきが鈍ったわけではない。今日も、前走で末が鈍った反省を踏まえ、ギリギリまで追い出しを我慢する絶妙な騎乗だった。この勝利を弾みに、今年は去年の分を取り戻したい。勢い余って悲願のダービーまで獲ってくれないものか。

今野騎手の重賞は一昨年のロジータ記念以来だという。思い返せば、それを勝ったのはカイカヨソウだった。今日のカイカヨソウは、道中バトードールのすぐ背後につけながら、末脚が爆発することもなく、あえなくブービー敗退。「報知グランプリカップ来たりなば、春遠からじ」。それはそれで間違っていないとは思うのだけど、開花予想を意識する頃合いには、やはりまだ早かったようだ。

 

***** 2015/02/11 *****

 

 

 

|

« 想像の枠を超える馬 | トップページ | JRA騎手ミルコ・デムーロ »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 想像の枠を超える馬 | トップページ | JRA騎手ミルコ・デムーロ »