« ダートの状態を見極めろ | トップページ | Tapitの産駒たち »

2015年2月22日 (日)

4勝目のフェブラリーS

フェブラリーS史上初の連覇を達成したコパノリッキーの手綱を取ったのは、前走から乗り替わった武豊騎手。フェブラリーS(フェブラリーハンデ当時を含む)最多の4勝目は、自身1年3か月ぶりのJRA・GⅠ勝利となった。

Take1 

連覇のかかるレースで決して有利とは言えぬ4番枠を引いてしまった。出負けしてしまえば、ほぼ勝機はない。なにせチャンピオンズカップで前科を持つ馬である。しかも、圧倒的1番人気。これがプレッシャーにならぬはずがない。

だが、本人はいたって平然と人気に応えてみせた。いや、レース後のコメントでは開口一番「ホッとしました」と言ったくらいだから、「平然と」というのは違ったかもしれない。だが、本人はプレッシャーはあった方が良いと常日頃から言っていたように思う。プレッシャーをあっさりと克服してしまうように見せるあたりが、武豊の武豊たる所以であろう。

レースは、逃げるはずの2番枠コーリンベリーが立ち遅れるというまさかの幕開け。あっという間にコーリンベリーは最後方に置かれた。内枠はこれがあるから怖い。番手からの競馬を見込んでいたコパノリッキーはどうするのか? しかし、武豊騎手に慌てた様子は見られない。

実は、コーンベリーの大出遅れでもっとも慌てたのは、コーンベリーからの馬券を買っていた私である。単騎逃げの利がミエミエなのに、どの新聞を見ても無印。これは昨年のコパノリッキーの再現があるかもしれない。「みんな忘れっぽいなぁ。へっへっへ」とほくそ笑みながら買った馬券を握り締めてスタートの瞬間を迎えた私は、ゲートが開くと同時にショックのあまり気を失い、目の前の机に突っ伏してしまったのである。

Take2 

ハッと意識を取り戻すと、コパノリッキーが先頭ゴールを果たす寸前ではないか。いかん、いかんと、慌ててカメラを構える。だが、ファインダーを通して見えたゴールのシーンは、なぜかゴールドアリュールの勝ったフェブラリーSであった。きっとまだ頭が正気に戻っていないのだろう。コーンベリー大出遅れの衝撃はなまなかではない。

Gold2 

2003年のフェブラリーSは中山で行われた。武豊騎手の勝った初めてのフェブラリーSでもある。その産駒で同じレースを勝つなんて、なかなかできることではない。だいたいが12年も経てば置かれた境遇も変わってしまうもの。この勝負服を見ればそんな思いも深まる。それでも、それをサラリと実現してしまうあたりが、武豊の凄さ。それを実感した一日だった。

 

***** 2015/02/22 *****

 

 

 

|

« ダートの状態を見極めろ | トップページ | Tapitの産駒たち »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ダートの状態を見極めろ | トップページ | Tapitの産駒たち »