« 始まりと終わりの木曜日 | トップページ | 土曜日の男 »

2015年2月19日 (木)

金曜日はカレーの日

「金曜日はカレーの日」という声をたまに聞く。

たとえば海上自衛隊でも金曜日は「カレーの日」。これは旧海軍から続く麗しき伝統で、洋上での長期任務中に曜日感覚を取り戻すための工夫とされる。ちなみに、もともとは土曜の昼にカレーが食べられていたのだが、週休2日制が世間に定着してからは、現在のように金曜に変わったとのこと。むろんカレーは栄養補給にも適しており、各艦・各部署が独自の味を編み出してきた。そのレシピは立派な“軍事機密”だというから、たかがカレーと侮れない。

Tackle1 

東京競馬場のお隣、分倍河原駅の改札を出て目の前の角に佇む『立来』(たっくる)は、早朝から営業しているごく普通の駅前の立ち食いそば屋。だが、一部のファンには「牛すじカレー」の美味い店として認知されている。辛さよりも牛すじが醸し出す甘さが勝るカレーは、お米もすじ肉も国産を使用。口の中でほろほろと溶ける牛すじ肉はカレーとの相性も抜群だ。たかが立ち食いそば屋のカレーと侮れぬ。

Tackle2 

以前にも紹介した府中の大東京綜合卸売センター内に店を構える『そこそこ』は、『立来』と同じく立ち食い店なのだが、こちらの牛すじカレー(下写真)は本格的に辛い。一口ごとに汗が噴出してくるのが分かる。市場内で働くツワモノにはこれくらいが妥当なのだろうか。

Soko 

しかもこのカレー、府中観光協会推奨認定品にも指定される逸品だというからまた驚く。言われてみれば、大量の牛すじ肉から引き出した旨味は、痛烈な辛さに決してひけを取らぬ。たかが市場内の食堂のカレーと侮ってはいけない。

Umasoba 

牛すじカレーといえば、東京競馬場フジビュースタンド4F『馬そば深大寺』の牛すじカレーうどんも美味いですね。これ、カレーライスで食べたらどんな味になるんだろう? 今度、白飯持参で「ここにかけてください」とお願いしてみようか。きっと侮れぬ味だと思うのだが。

 

***** 2015/02/19 *****

 

 

 

|

« 始まりと終わりの木曜日 | トップページ | 土曜日の男 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 始まりと終わりの木曜日 | トップページ | 土曜日の男 »