« 【府中うどん探訪①】喜三郎 | トップページ | 悲しい金曜日 »

2015年2月26日 (木)

ポテトとガルベス

築地のとある病院でとある検査を終えたのが11時半。だが、医師による診断は13時半から始まるという。つまりこれから2時間を潰さねばならない。ゆっくり昼飯を食べるにしても、混み合う時間の長っ尻は店に迷惑をかけるだけだし、隅田川沿いを散歩しようにもあいにく外は雨。さあ、どうしたものか。

そこで向かったのは、こちら。

Padock 

築地から大井競馬場って遠いようで実は意外と近いのである。築地→東銀座→新橋→大門(浜松町)→天王洲アイル→大井競馬場前。二度の乗り換えが面倒くさいのだが、駅数で言えば5つしかない。ともあれ正午には競馬場に着いてしまった。重賞が行われた昨日は来られなかったのに、来られる時はいとも簡単に来れてしまう。

Potato1 

とりあえず軽くジャガイモでも食べようかと、『東京ロティサリー』でローストポテトをオーダー。そしたら、お店の方が、「いまサービス中なんですけど……」といって、看板を指さした。

Kanban 

おお! これは嬉しい。ならば軽くも重くもあるまい。ぜひダブルでとお願いして、山盛りのローストポテトを抱えてスタンドに上るとちょうど4レースの出走馬が入場してくるところであった。ジャガイモ越しに眺める馬の姿はなんとも美しい。

Potato2 

4レースはC3クラスの1400m戦。直線で内から抜け出したコウヨウマーメイドが後続を突き放し、これは勝負あったかと思わせたところに、大外から伸びたガルベスが見事に差し切ってみせた。

Ooi 

希少になりつつあるタップダンスシチー産駒の7歳牡馬は、これが通算7勝目。その内訳は、稍重3勝、重3勝、不良1勝で、良馬場では勝ったことがない。お父さんのタップダンスシチーが9馬身もの大差で逃げ切った2003年のJCも重馬場だった。道悪の巧拙は遺伝に現れやすい。

Jc 

ローストポテトの残りを食べつつ、モノレールの駅へと向かう。チキンから滴り落ちた脂をまとって焼き上げられたジャガイモのなんと美味しいことか。ローストポテトのWサービスは明日までやっているそうです。

 

***** 2015/02/26 *****

 

 

 

|

« 【府中うどん探訪①】喜三郎 | トップページ | 悲しい金曜日 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【府中うどん探訪①】喜三郎 | トップページ | 悲しい金曜日 »