« 厨@府中本町 | トップページ | 適性 »

2015年1月31日 (土)

南関の刺客

雪解けの東京競馬場は、第1レースの発走時刻を1時間遅らせて開催にこぎつけた。ダートは不良。芝は稍重と言いつつ、意外に乾きは早く「良」に近い。そんなこんなで2015年の東京開催初日でござる。

Snow 

初日の注目はメインの白富士S……ではなく10RのクロッカスS。3歳オープンの芝1400mに、南関東所属から2頭が挑戦するのである。

7枠11番パーティメーカーはパイロの産駒。JRA挑戦はコスモス賞、百日草特別に続いて3度目になる。デビュー以来すでに10戦を消化して掲示板を外したのは1回のみ。豊富なキャリアはJRAの人気馬にもひけをとらない。

Party 

8枠14番エムザックサンダーは金沢デビュー。昨年暮れに大井に転厩してきた。デビュー以来一貫して吉原寛人騎手が乗り続け、今日も吉原騎手の手綱。その吉原騎手は、今日ここまでに人気薄で2着、3着と目が離せない。

Mzaq 

ゴールドペガサスが落馬する波乱でレースは幕を開けた。オープン2勝の格上ペイシャオブローも大きく出遅れて早々と圏外に。これは南関の2頭にもチャンスはあるかもしれない。スタートから積極的に先行したエムザックサンダーが、4角で先頭に並びかける。……が、見せ場はそこまで。パーティメーカーも馬場の真ん中をジリジリと伸びるが、前との差は詰まらない。そんな中、外に持ち出した1番人気ニシノラッシュが先に抜け出した馬たちをまとめて差し切って、3勝目をマークした。

10r 

最内1番枠からスタートしたニシノラッシュは、直線に向いて前が壁になり外に持ち出した。しかしそこでも前が塞がり、さらに外に。しかし、あろうことかそこでもヨレてきた馬が前を塞ぐ運の無さ。結果、大外に持ち出さざるを得なかった。馬券を買って見ていたファンは、思わず天を仰いだことであろう。普通なら届く展開ではない。それでもニシノラッシュは田辺裕信騎手の右鞭に応え、ゴール寸前見事に差し切って見せた。この勝負根性は覚えておいた方が良さそうだ。

果敢に先行したエムザックサンダーの12着は仕方あるまい。パーティーメーカーの7着は健闘と言えば健闘だが、関係者は納得していないだろう。明日の根岸Sにも南関東から2頭が挑戦する。普段から走り慣れたダート戦なら、今日とは違う結果になると思いたい。大方の注目は初ダートとなるロゴタイプに向けられるであろうが、私は密かにサトノタイガーとジョーメテオに声援を送ろう。

 

***** 2015/01/31 *****

 

 

 

|

« 厨@府中本町 | トップページ | 適性 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 厨@府中本町 | トップページ | 適性 »