« 乗り替わり | トップページ | ダート適性 »

2015年1月28日 (水)

川崎からドバイへ

今年も川崎記念でGⅠ戦線が開幕した。圧倒的人気はGⅠ(JpnⅠ含む)7勝のホッコータルマエで、単勝オッズはなんと1.0倍の元返し。珍しく中団からレースを進めた同馬だったが、2周目の3角過ぎから徐々に進出を開始。直線に向いて逃げるサミットストーンを交わすと、外から追い込んだカゼノコに3/4馬身を付けて先頭ゴールを果たした。

Kawasaki 

逃げると思われた大本命馬がスタートから次々に他馬に抜かされていく。最初のコーナーはまさかの6番手。ゴール前に座る私の背後では悲鳴と罵声が渦巻く。だが、鞍上の幸英明騎手は慌てていなかった。いや、むしろ敢えてその位置取りでレースを進めたのだという。「それならそうと先に言ってくれ」。リスクだけを背負う形の単勝に大金をつぎ込んだファンは、生きた心地がしなかったろう。それは長い長い2分16秒9だった。

それにしても、なぜ中団に控えてみせたのか。行こうと思えばハナにも行けたはずである。

レース後の西浦調教師のコメントがヒントになるかもしれない。次走の予定を問われた師の口から「フェブラリーS」という言葉は聞かれなかった。一方で、繰り返し登場したのは「ドバイ」という単語である。

「ドバイは去年からの最大目標ですのでドバイには行きます。いちばんいい状態でドバイに向かえるよう考えていきたいですね。鍛えてもっともっと強いタルマエをドバイでお見せして、今日のように口取り写真を撮ることができればいいなと」

Kutitori 

ホッコータルマエはこれがGⅠ8勝目。最多記録を持つヴァーミリアンの9勝に王手がかかった。ヴァーミリアンがGⅠ9勝目を達成したのは8歳で勝った川崎記念。まだ6歳になったばかりのホッコータルマエなら、記録更新は時間の問題と言っても差し支えあるまい。

だが、彼らにとってはそれよりもドバイなのである。敢えて中団に控えて馬群に揉まれる厳しい競馬を課したことも、出れば勝ち負け必至のフェブラリーSに慎重なことも、すべてはドバイで良い結果を出すため。そう捉えたい。今年からドバイの馬場がタペタからダートへと変わる。ホッコータルマエには追い風であろう。今年最初のGⅠを勝った騎手と調教師の思いが、ドバイの地で結実することを期待したい。

 

***** 2015/01/28 *****

 

 

 

|

« 乗り替わり | トップページ | ダート適性 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 乗り替わり | トップページ | ダート適性 »