« ブックメーカーJRA② | トップページ | 除外、また除外 »

2015年1月18日 (日)

ダートの季節

「なんだ、またダートかよ」

「もういい加減飽きたよな」

私の背後の客同士が呟いた。今日の中山は、芝のレースは4鞍のみで残りはすべてダート。しかも1200mと1800mが交互に4鞍ずつ。これでは飽きるのも無理はないか。だが、冬と言えばダート競馬の季節でもある。諦めてもらうしかない。

むしろ4鞍の芝戦をありがたいと思うべきであろう。昔はもっと少なかった。一日のうち芝はメインだけで、残る11鞍はすべてダート。そんな開催が1か月も2か月も続いた。それが嫌なら小倉や中京に行くか、春まで待つしか無い。私は後者を選んだから、今でも気持ちの上での“シーズン開幕”は弥生賞である。

ともあれ今日の中山7Rは500万条件のダート1800m戦。中団からレースを進めた1番人気のロマンシングジェムが、4コーナーからのひと捲りで後続を3馬身突き放した。

7r 

ダート1200mの8Rを挟んで迎えた9Rはダート1800mの初凪賞。後方からレースを進めた1番人気サウンドトゥルーが直線に向いて末脚爆発。楽々と前を捉えると、逆に2馬身の差をつける余裕のレースぶりで快勝した。これで23戦4勝。もともと一昨年のユニコーンSで3着に来た実績馬である。その末脚一辺倒の脚質ゆえ届かないことも多いが、一方で掲示板を外したことも2度しかない。この末脚は準オープンでも脅威であろう。

9r

このサウンドトゥルーと7Rを勝ったロマンシングジェムは、過去に2度直接対戦している。いずれもサウンドトゥルーが先着したのだが、果たして3度目の対戦は実現するだろうか。そのためにはロマンシングジェムが1000万条件をクリアする必要があるのだが、3馬身差快勝とはいえ稍重で1分56秒6ではちょっと心許ない。そう考えると、アグネスタキオン産駒でマイルCS2着馬・フィエロの半妹という血統が重みを増す。今はダートの時季でもあるが、牝馬にとっては繁殖入りもチラつく季節。ダート戦線だけでなく、古馬牝馬たちの動向にも敏感でいたい。

 

***** 2015/01/18 *****

 

 

 

|

« ブックメーカーJRA② | トップページ | 除外、また除外 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブックメーカーJRA② | トップページ | 除外、また除外 »