« まさかのハコ目 | トップページ | 賀状の知らせ »

2015年1月 9日 (金)

浦和競馬場4号スタンド

突然ですが「年明けうどん」ってご存じですか?

世間への浸透はまだまだだと思うのだけど、暇さえあればうどん屋をハシゴしているような人間には、この時季やたらと目にするメニューでもある。純白のうどんに赤いトッピングをを添えた紅白の一杯を年の初めに食べることで、一年の幸せを願う縁起もの。大晦日に食べる「年越しそば」のカウンターパートだと思ってもらえばいいだろうか。

2007年秋、「さぬきうどん振興協議会」が新たな麺食行事の普及をめざして普及活動を始め、その翌年に商標登録された。それほどの由緒があるわけではないから、私もすすんで食べるわけではない。だけど、今日たまたま入った『丸亀製麺』に期間限定の年明けうどんメニューがあったので、頼んでみた。

Marugame 

年明けうどんには使用食材に厳密な決まりがない。ただひとつ。赤い具材が入っていること。梅干し、かまぼこ、エビ天といったところが一般的だろうか。こちらの一杯はそれらがすべて揃った豪華版だ。

Tosiake 

年明けうどんに気を良くしてぶらぶら歩いていると、こんな公園に出たではないか。ちなみに先の『丸亀製麺』は「浦和太田窪店」である。

Park1 

すべり台に描かれているのは馬のイラスト。

Park2_2 

はて、どこかで見たことあるような……。

View 

そう、浦和競馬場の向こう正面に見える公園。別名「浦和競馬場4号スタンド」ですね。ちょうどレースが発走するところで、散歩中のお年寄り夫婦や、母子連れなど十数人が疾走する人馬に向かって歓声を送っていた。

2turn 

船橋競馬場の2コーナー奥にある「ららぽーと」への歩道橋も、レースが始まると見物人でいっぱいになる。競馬場には足を踏み入れない人も、馬が走る姿は見たいのである。競馬には興味があるのだけど、競馬場に集まる人が好きではない。そんな人は少なくなかろう。この公園から本物のスタンドまではわずか200mほど。しかし、両者の距離は思いのほか遠い。

Park 

それで何か困るということではない。だが一方で、もったいないという思いもよぎる。競馬場内に、馬券とは完全に切り離された観戦エリアがあってもいい。むろん入場口も別々。馬券を買わぬ客には用はないという時代では、もはやないような気がするのである。

 

***** 2015/01/09 *****

 

 

 

|

« まさかのハコ目 | トップページ | 賀状の知らせ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まさかのハコ目 | トップページ | 賀状の知らせ »