« よもだそば@日本橋 | トップページ | 師走の選挙 »

2014年12月11日 (木)

カレンダー問題の根は深い

昨日に続きカレンダーを探し求めて浦和パルコの紀伊国屋書店へ。だがここでも目当ての一本を見つけることはできなかった。昨日も書いたことだが、私が欲しいのは別に特殊なカレンダーではない。実際、昨年はそこら辺の書店で売っていた。自分用なら我慢して使うこともできるのだけど、他人から頼まれたとあっては、おいそれと妥協することもできない。カレンダー問題の根はかくも深いのである。

失意にかられてパルコを後にし、浦和界隈をふらふらと歩いていたら、浦和競馬場にたどり着いた。今日は木曜日だが、重賞・ゴールドカップが行われるのである。

人気は5連勝中のリアライズリンクス。ダイタクリーヴァ産駒の4歳牡馬。3歳夏の黒潮盃、戸塚記念でトラバージョ相手に連敗すると、そこからは徹底して地元浦和でのレースに専念してきた。ここまで5連勝中。圧巻だったのが前走で、同じ浦和の1500mで後続を7馬身千切ってここに臨んできた。

だが、今日はスタートダッシュが今ひとつ。なんとかハナに立つことができたのも、周りが控えてくれたおかげという印象が強い。向こう正面から左海騎手の手綱が激しく動き始め、3コーナーでは早くも鞭が入る。だが、2番手以下の馬たちもなぜか差を詰められない。まさに浦和1500mの摩訶不思議。結局、リアライズリンクスがアタマ差逃げ切ってしまった。

Goldcup 

4歳馬がB3クラスからの6連勝で初の重賞のタイトルを獲得したことは賞賛に値する。しかもリアライズリンクスは南関東の生え抜き。私個人としても嬉しくないはずがない。

だが、この流れを差せなかった他の馬たちの不甲斐なさの方が気になるのである。重賞5勝。ここ浦和でもダートグレード勝ちのあるセイントメモリーに至っては、いちばんの好発を決めていながら、3コーナーで早くも圏外に飛んでしまった。

それはそうとして、小久保智調教師の勢いは素晴らしい。兵庫ジュニアグランプリをジャジャウマナラシで勝ったと思ったら、返す刀で翌日の笠松グランプリをジョーメテオで圧勝。しかも、こうして地元の重賞もきっちり勝つのである。こうなると日曜の中山・カペラSに遠征予定のサトノタイガーから目が離せない。

Calender1 

帰り際に来年の南関東競馬カレンダーをいただいた。欲しかったモノとは違うけど、これはこれでありがたい。明日は目当てのカレンダーを持ち帰れるだろうか。

 

***** 2014/12/11 *****

 

 

 

|

« よもだそば@日本橋 | トップページ | 師走の選挙 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

うわあ、ありがとうございます。
さっそく見てみますhappy02

投稿: 店主 | 2014年12月12日 (金) 10時03分

amazonでご希望に近いと思われるカレンダーがありましたのでお知らせします。
「キュービックス2015カレンダー家族スケジュール」という商品で、A3とA4サイズがあります。ご参考までに。

投稿: ギムレット | 2014年12月12日 (金) 00時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« よもだそば@日本橋 | トップページ | 師走の選挙 »