« 師走の選挙 | トップページ | 投票の不思議 »

2014年12月13日 (土)

GⅠ選挙

明日は第47回総選挙の投票日であり、阪神競馬場ではGⅠ・ジュヴェナイルフィリーズが行われる日でもある。

総選挙の投票日がGⅠと重なったことは、1996年の秋華賞と一昨年の朝日杯FSの二度しかない。グレード制導入後が対象になるとはいえ意外な感じがする。参院選に関しても、こちらは夏に行われるのが通例だから、なかなかビッグレースと重なることはない。

それでもグレード制導入前のビッグレースが参院選投票日と重なったことがある。タニノハローモアが勝ったダービーの1968年7月7日は、第8回参議院選挙の投票日でもあった。

ダービーが7月にずれ込んだのは東京競馬場改築のため。その日程は前年12月には既に決まっており、農林大臣の認可も取り付けてあった。参院選の日程は5月の閣議で正式決定したのだから、日程をかぶせてきたのは選挙の方にほかならない。

だが、このダービーの日程が世間の怒りを買ってしまう。「国家の一大事たる選挙当日にダービーを行うのはけしからん」とか、「これこそ縦割り行政の象徴」といったもの。実は、選挙の日程を決めた国対委員長会談でもダービーの話題が出ていたというが、特に異論は出なかったという。ともあれ、こうなってしまっては、先に決まっていたとはいえダービーが譲歩するしかない。

そこで、競馬会が出した結論は、

①当日の第1レースを2時間繰り下げて12時30分とする。
②全10レースを予定していたのを全8レースとする。
③競馬ファンに投票後の来場をPRする。

というもの。おかげで選挙もダービーも無事終えることができた。まあ、ダービー自体は大波乱だったわけだけど。

それから28年後の秋華賞当日は第41回総選挙の投票日。この日も発走時刻は繰り下げられたが、東京が10時20分、京都が10時25分。通常より30分程度遅らせたに過ぎない。しかも12レースまでいつも通り行われた。とはいえ、ターフビジョンには「選挙に行きましょう」といった案内が何度も出ていたように思う。かと思うと「投票は早めにお済ませください」というアナウンスが流れる。これはどっちの「投票」だ? 周囲と顔を見合わせて苦笑いである。

Shuka 

そして、一昨年の朝日杯当日は第46回総選挙投票日。この日は発走時刻の繰り下げさえなかった。明日も同様であろう。期日前投票が定着し、かつてより投票時間も長くなった昨今である。競馬ごときが選挙に気を遣うような時代でもあるまい。衆院選の投票を済ませてから勝ち馬投票するもよし。勝ち馬投票を済ませてから衆院選投票所に立ち寄るもよし。順序はともかく、どちらの投票もサラリとこなしたい。

 

***** 2014/12/13 *****

 

 

 

|

« 師走の選挙 | トップページ | 投票の不思議 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 師走の選挙 | トップページ | 投票の不思議 »