« 麺一滴@川崎 | トップページ | カレンダー問題の根は深い »

2014年12月10日 (水)

よもだそば@日本橋

来年のカレンダーを探して日本橋まで出てきた。

競馬カレンダーではない。月めくり、縦長で、日付が左端に並んだ横書きの実用タイプもの。横幅は30センチ以内で余計な絵や写真はいらない。これがありそうでなかなか無いんですよ。伊東屋や三省堂では見つからなくて、ついに日本橋の丸善までやってきたのに、やはり見つからない。もう疲れた。

疲れ果てて辿り付いたその店は、一見してごく普通の立ち食いそば屋であるが、実はそうではない。午後4時半という半端な時間ながら、客で賑わっている店内がその証だ。

その店は『よもだそば』。日本そばのツユでラーメンを食べる「ラそば」や、蕎麦屋なのにカレーが美味いといった一風変わった店として、TVでもたびたび取り上げられる有名店だが、決して奇をてらった店ではない。自家製の生蕎麦に、カツオ、サバ、ソーダ鰹、ウルメ鰯、昆布で取ったダシは、立ち食いとは思えぬクオリティを誇る。

ゴボウ天そばを注文。普段ならうどんを頼むところだが、ここに来たらやはりそばを食べたい。

Gobo 

このお店に来た客は、やたらと「東北牧場」という名前を目にするはずだ。天ぷらなどに使う野菜が、「東北牧場からの直送である」旨があちこちに書いてある。大半の客は気にも留めないかもしれないが、競馬ファンなら「おや?」と思うことだろう。そう、ケイワンバイキングやクロックワークを生産したあの東北牧場である。

K1 

東北牧場さんでは、生産現場から出たボロを有効活用した完全有機農法で、最近では馬よりも野菜でその名を知られているとのこと。なるほどそう思って食べると、このゴボウも一味違って感じられる。

『むぎんぼう』のゴボウ天は薄切りスタイルで、昨日紹介した『麺一滴』は千切りスタイルだが、こちらのゴボウ天はご覧のとおり「太切り」。旬を迎えて旨味を増したゴボウそのものを味わうには、このスタイルの方が良いかもしれない。カレンダーは見つからなかったが、美味いものを食えたという満足感を抱いて帰宅。明日は浦和界隈を探してみるか。

 

***** 2014/12/10 *****

 

 

 

|

« 麺一滴@川崎 | トップページ | カレンダー問題の根は深い »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。happy01
こちらのカレーはホントにおいしいですよね。
銀座に仕事場があった頃は、ついつい立ち寄って食べてしまうので、困って(?)ましたcoldsweats01

投稿: 店主 | 2014年12月11日 (木) 09時04分

銀座で最も通っている立ち食いそば屋がよもだそばです。
いろいろメニューがあるのですが、結局いつもかきあげそばとインドカレーのセットを注文していますhappy01

投稿: ギムレット | 2014年12月11日 (木) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 麺一滴@川崎 | トップページ | カレンダー問題の根は深い »